植物育種学研究室

植物育種学研究室 近年、北海道のお米が大変おいしくなりました。これは良食味品種の育成の成果によるものです。もちろん、高品質米を安定生産するためには、栽培技術も育種改良と同じく重要です。 私たちの研究室では、品種育成に関わる二つの問題に取り組んでいます。一つは、育種年限を短縮する葯培養技術の改善研究です。もう一つは、量的形質に関与する遺伝子領域を明らかにする研究です。 水稲の品種育成には、目標とする農業形質を選抜しながら、世代を進めることにより遺伝的固定を図るという、二つのことを同時に進めます。新たな品種が誕生するには、10数年もの年月を要するため、生産者や消費者が望むニーズを予測しながらも、できるだけ新品種の育成の年数を短く、しかも目標とする農業形質を確実に選抜するということが望まれます。 「育種年限を短く、確実に選抜する」という目的を達成するために、「葯培養法とDNAマーカー選抜」という二つの技術があります。私たちはこの二つの技術に関わる問題に取り組んでいます。 植物は言葉を発しませんが、その姿(態度)で私たちに語りかけます。研究材料を、よく見て、語りかけ、研究という知的な謎解きをしてみませんか。そして、植物と天気に合わせた生活をともにしましょう。

研究者プロフィール

氏名 植物育種学研究室 おかもとよしひろ
岡本吉弘
准教授
担当科目 卒業論文 植物遺伝学特別実験 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 作物育種学実験 作物生態生理学実験 基礎演習 II 植物遺伝学 健土健民入門実習 作物育種学 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 循環農学概論
プロフィール 出身地:北海道(奈井江町)
出身校:酪農学園大学酪農学部酪農学科・同大学院酪農学研究修士課程修了
その他(所属・受賞) 所属学会:日本育種学会、日本作物学会

研究データ

氏名 植物育種学研究室 おかもとよしひろ
岡本吉弘
准教授
研究テーマ 1.イネの葯培養効率の向上に関する研究
1)培養効率に関与する遺伝子領域の解明
2)F1葯培養における遺伝子の分離の歪み
3)インディカ種、野生種への葯培養法の適用

2.寒さに強いイネの遺伝・育種に関する研究
育種は選抜の場所がとても重要です。酪農学園は北海道に位置しているからこそ、耐冷性に関する研究に取り組む必要があると、フィリピンの国際イネ研究所での留学生活で思うようになりました。どの時期の耐冷性に取り組むかは、これから決めたいと考えています。


キーワード:Plant tissue culture,Anther culture,Doubled haploids,QTL, Marker assisted selection,Cold tolerance
研究実績 1. 岡本吉弘・河口 武・我妻尚広(2008) 水稲新品種「上育453号」および系統「上育455号」の葯培養効率.酪農学園大学紀要 自然科学編 33:105-110.

2. 木下 厚・岡本吉弘・石村 櫻・佐竹徹夫(2005)イネの浮遊葯培養における葯密度の低下およびカルスに付着した液体培地除去による培養効率の向上.育種学研究7:103-111.

3. 岡本吉弘・木下 厚・石村 櫻・佐竹徹夫(2003)イネの浮遊葯培養において培養容器の蓋をパラフィルムで封じないことによるカルス形成率および植物体再分化率の向上.育種学研究5:37-44.

4. 岡本吉弘・木下 厚・石村 櫻・佐竹徹夫(2003)イネの浮遊葯培養におけるカルス増殖様式の解析.育種学研究5:155-160.

研究室だより

2003年に岡本が酪農学園大学に着任し、2011年までの8年間で、大学院生(修士課程)1名、大学生38名、短大生6名の計45名が植物育種学研究室から巣立ちました。学生たちは、研究材料の播種、人工交配、採種、種子保存まで、圃場や温室、実験室で多くの時間を過ごし、植物に合わせる生活を学びました。また、卒業論文の実験を通じて、研究室のメンバーとともに協力することの必要性も学びました。
研究室では、人工交配によってF1を作成し、その後代から多数の次世代が誕生し、それらを大切に保存し、翌年、次のゼミ生に引き継ぐというのが、育種の基本です。研究室に所属している学生たちが新たな遺伝子型を消失することなく、リレーのバトンを渡すことをしています。研究室には、イネのF1葯培養で作成した、倍加半数体系統が数百系統あります。この系統の作成には多くの先輩方の努力によるものです。この実験系統があるからこそ、これから研究室に所属する学生は実験系統を作ることなく、研究に取り組むことができます。もちろん、新たなテーマに対応する実験系統の作成に協力してもらうこともあります。
2012年度には、岡本がフィリピンの国際イネ研究所(IRRI)に留学し,研究室学生を募集しませんでしたが,2013年4月には6名の3年生が配属され,新たに研究室活動を再開しました。2014年4月には新たに8名の3年生を加えた総勢13名とともに,水稲の遺伝・育種に貢献できる研究成果を出していきたいと思います。

写真で見る研究室

植物育種学研究室

植物育種学研究室

植物育種学研究室

植物育種学研究室

植物育種学研究室

植物育種学研究室

修士・卒業論文発表

修士論文
イネの葯培養によるガメトクローン変異および穂別系統内分離に関する研究

卒業論文
イネ葯由来カルスからの緑色植物およびアルビノ植物の再分化に及ぼすTDZの影響
イネの日印F1雑種においてBAとTDZとで再分化した葯由来植物のDNAマーカー座の分離

上記のほか、飼料作物のソルガムの栽培、遺伝・育種に関するテーマにも取り組みました。
8年間で植物育種学研究室に所属した45名のうち、42名が卒業論文を提出しました。

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る