環境微生物学研究室

環境微生物学研究室

研究者プロフィール

氏名 環境微生物学研究室 おかもとえいりゅう
岡本英竜
准教授
担当科目 農業微生物学実験 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 生物学実験 基礎演習 II 作物保護学実験 微生物学 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 乳用家畜生産学実習Ⅱ 循環型農業論
プロフィール 出身地・出身高校:京都府・西宇治高校 出身大学・最終学歴:酪農学園大学・同大学大学院
その他(所属・受賞) エクステンション活動:日本畜産学会、日本微生物生態学会、日本土壌微生物学会ほか会員

研究データ

氏名 環境微生物学研究室 おかもとえいりゅう
岡本英竜
准教授
研究テーマ ●家畜ふん尿コンポストの微生物学的解析
●家畜ふん尿メタン発酵の微生物学的解析
研究実績 ●Detection of diacetoxyscirpenol and the related toxins from alfalfa infested with Fusarium spp. by gas-liquid chromatography,, J.Rakuno Gakuen Univ., 20(1):49-54, 1995.
●Chemical analyses of reservoir fluids of cattle waste, and identification of sulfate-reducing bacteria in the reservoir, J.Rakuno Gakuen Univ, 20(1):73-79, 1995.
●Changes of microbial population on Liquid Composting of Dairy Cattle Slurry, J.Rakuno Gakuen Univ., 20(1):81-90, 1995.
●牛糞スラリーから分離された放線菌、北海道畜産学会報、37:62-66、1996年.
●Deacetylating of diacetoxyscirpenol tp 15-acetoxyscirpeno l by rumen bacteria, J.Gen.Appl.Microbiol., 42(3):225-234, 1996.
●Phytoalexins produced by alfalfa and their role in prevention of spring black stem and leaf spot by Ascochyta imperfecta, J.Rakuno Gakuen Univ., 173-183, 1997.
●Effect of temperature and aeration on microflora during liquid composting of dairy cattle slurry, J.Rakuno Gakuen Univ., 21(2):185-191, 1997.
●Rumen ciliate protozoal fauna of native sheep, Friesian cattle and dromedary camel in Libya, J.Vet.Med.Sci. 61:303-305, 1999.

研究室だより

羊ルーメン内から新規と思われる細菌をかなり分離しており、今後の研究の展開が期待されている。カビ毒汚染が圃場及びサイレージ調整過程においても起ることを示唆する結果が得られている。

写真で見る研究室

環境微生物学研究室

環境微生物学研究室

環境微生物学研究室

環境微生物学研究室

環境微生物学研究室

環境微生物学研究室

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る