数量経済学研究室

数量経済学研究室 主として近代経済学、(特にミクロ経済学、)の手法を用いて、農業経済の研究をおこなっています。農業におけるさまざまな価格政策の需要・供給への影響を検討し、その経済的効果を応用厚生経済学に基づいて分析・研究するもので、総計データやモデルを用いた実証的、計量的分析に力を注いでいます。

研究者プロフィール

氏名 数量経済学研究室 まるやまあきら
丸山明
教授
担当科目 調査実習 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 統計学 I 基礎演習 I 経済学 統計・情報演習 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 統計学 II 農業経済学演習 ミクロ経済学 環境経済学
プロフィール 出身地・出身高校:札幌市・札幌北高校
出身大学・最終学歴:北海道大学・同大学大学院
その他(所属・受賞) エクステンション活動:日本農業経済学会会員、北海道農業経済学会会員

研究データ

氏名 数量経済学研究室 まるやまあきら
丸山明
教授
研究テーマ ●酪農における規模の経済性
●生乳供給の計量分析
研究実績 ●「わが国び生乳生産シミュレーション-国際化がもたらす2015年日本酪農の行方」共著 デーリィマン社 2007年3月
●「らくらく統計学」共著 ムイスリ出版 2006年4月
●計画生産下における生乳供給-北海道と都府県の供給関数の計測より-、共著、1997年、1997年度日本農業経済学会論文集、日本農業経済学会、P167-169
●わが国の将来乳価のあり方、共著、1997年2月、酪総研特別選書No.47、酪農総合研究所
●2000年におけるわが国の目標乳価試算に関する計量経済学的研究、共著、1996年10月、酪総研調査研究報告書No.78、酪農総合研究所
●生産抑制下におけるわが国の生乳供給、単著、1996年、酪農学園大学紀要20(2)

研究室だより

研究室の近況は研究室特設サイトにて公開しております。

 

 

》 数量経済学研究室ホームページ

写真で見る研究室

数量経済学研究室

数量経済学研究室

数量経済学研究室

数量経済学研究室

数量経済学研究室

数量経済学研究室

修士・卒業論文発表

1.ヘドニック・アプローチによる価格形成分析
2.調味料消費の主成分分析
3.主成分分析による野菜消費パターンの解析
4.宮城県における地域特性分析ー主成分分析法を用いてー
5.数理計画法を用いた経営分析ーY農家を例としてー

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://members3.jcom.home.ne.jp/qecon/

このページのTOPへ戻る