生物学研究室

生物学研究室 細胞の分裂について、昆虫の胚細胞や減数分裂過程の細胞を使って研究を進めています。観察には各種顕微鏡を使用し、主に形態学的な手法を用いています。

研究者プロフィール

氏名 生物学研究室 さとうもとあき
佐藤元昭
教授
担当科目 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 生物学実験 基礎演習 I 生物学 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 循環農学概論
プロフィール 出身地・出身高校:北海道札幌市・札幌旭丘高校
出身大学・最終学歴:酪農学園大学・同大学大学院・北海道大学大学院中退
その他(所属・受賞) エクステンション活動:日本動物学会会員、日本比較生理生化学会会員

研究データ

氏名 生物学研究室 さとうもとあき
佐藤元昭
教授
研究テーマ ●昆虫神経原細胞における不均等分裂の機構に関する研究
●昆虫における配偶子形成並びに初期発生の研究
研究実績 ● Motoaki Sato and Kawamura Ken-ya (1999)
ANALYSIS OF UNEQUAL CYTOKINESIS OF GRASSHOPPER NEUROBLASTS BY LASER MICROBEAM IRRADIATION. Zoological Science 16(Suppl.):70
● Motoaki Sato and Kawamura Ken-ya (2000)
CENTROSOMES IN CYTOCHALASIN B -INDUCED TETRAPLOID NEUROBLAST OF GRASSHOPPER. Zoological Science 17(Suppl.):87
● Motoaki Sato and Hikaru Tanaka (2001)
FERTILIZATION, SYNGAMY AND EARLY EMBRYONIC DEVELOPMENT IN THE CRICKET,
Gryllus bimaculatus (De Geer). Zoological Science 18(Suppl.):85
● Motoaki Sato and Kawamura Ken-ya (2002)
THE ANCHORING MECHANISM OF SPINDLE POLE IN UNEQUAL CYTOKINESIS OF GRASSHOPPER NEUROBLASTS. Zoological Science 19(Suppl.):
● Motoaki Sato and Hikaru Tanaka-Sato (2002)
Fertilization, Syngamy, and Early Embryonic Development in the Cricket,Gryllus bimaculatus (De Geer). Journal of Morphology 254:266-271
●Motoaki Sato (1993) Behavior of mitotic apparatus in binucleate neuroblasts. Zoological Science 10(Suppl.):26
●Motoaki Sato (1994) Analysis of mitotic apparatus in tetraploid neuroblasts. Zoological Science 11(Suppl.):62
●Motoaki Sato (1995) The behavior of mitotic apparatus in tetraploid neuroblasts induced by Cytochalasin B treatment. Zoological Science 12(Suppl.):66
●Philip L. Newland, Hitoshi Aonuma, Motoaki Sato, and Toshiki Nagayama (1996) Presynaptic inhibition of exteroceptive afferents proprioceptive afferents in the terminal abdominal ganglion of the crayfish. Jounal of Neurophysiology 76(2):1047-1058
●Motoaki Sato (1996) The behavior of chromosomes in tetraploid neuroblasts induced by cytochalasin B treatment. Zoological Science 13(Suppl.):64
●Motoaki Sato and Ken-ya Kawamura (1997) Analysis of spindle shifting mechanism in unequal cytokinesis of grasshopper neuroblasts by laser microbeam Irradiation. Zoological Science 14(Suppl.):82
●Motoaki Sato and Ken-ya Kawamura (1998) Analysis of mechanism maintaining spindle axis in unequal cytokinesis of grasshopper neuroblasts by laser microbeam Irradiation. Zoological Science 15(Suppl.):73

研究室だより

毎年新たに入ってくるゼミ生は2〜3名と少数精鋭の研究室です。研究は標本作りや観察といった個人的なものですが、昆虫の飼育等力を合わせて僅かなゼミ生が日夜頑張っています。

写真で見る研究室

生物学研究室

生物学研究室

生物学研究室

生物学研究室

生物学研究室

生物学研究室

修士・卒業論文発表

・札幌市に生息するオオムラサキ Sasakia charonda のミトコンドリアDNA(D-loop領域)の遺伝的変異
・クロコオロギ Gryllus bimaculatus の初期発生で見られる低温処理の影響
・バッタ Chortophaga viridifasciata neuroblast の細胞分裂に及ぼすノコダゾールの作用

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る