環境植物学研究室

環境植物学研究室 本研究室ではこれまでに知られていなかった植物の生態を解明する基礎的な研究や外来種問題や生物多様性保全に役立つ応用的な研究に取り組んでいます。中でも、温暖化やシカの増加が植生や植物の生態にどのような影響を与えるのか、植物の多様性が失われると生態系にどのような影響があるのかという問題に答えることに力を入れています。

研究者プロフィール

氏名 環境植物学研究室
松山 周平
講師
担当科目 野生動物保全技術実習 生態環境総合実習 専門ゼミナールⅠ 植物生態学 北海道環境学 森林フィールド実習 保全生物学 野生動物観察同定実習 自然環境学実験・実習 専門ゼミナールⅡ
プロフィール 石川県金沢市出身。京都大学農学部卒、京都大学大学院農学研究科修士課程・博士後期課程修了(農学博士)、大阪市立大学理学研究科博士研究員、京都大学フィールド科学教育研究センター特定研究員、大阪市立大学理学研究科博士研究員、酪農学園大学講師(現職)。ポスドク時代に修成建設専門学校非常勤講師、大阪工業大学工学部非常勤講師も兼任。
その他(所属・受賞) 所属学会:日本生態学会、日本森林学会、種生物学会、British Ecological Society

研究データ

氏名 環境植物学研究室
松山 周平
講師
研究テーマ 目下のところ力を入れているテーマ
・雌雄異株植物の生態に関する研究
・外来タンポポ、雑種タンポポに関する研究
・シカの増加によって衰退した自然植生に関する研究

そのほか、熱帯雨林の多様性保全や外来植物の問題についての研究も始めつつあります。
研究実績 松山周平、福島慶太郎、白澤紘明、向昌宏、平井岳志、境慎二朗、石原正恵、岩井有加、八木弥生、谷鑫、立岩沙知子、長谷川尚史、吉岡崇仁. (2016) 間伐とシカ排除柵設置がスギの幹成長に及ぼす直接的・間接的影響 -芦生の未間伐スギ人工林における事例-. 森林研究 79: 1-9

松山周平, 谷鑫、立岩沙知子、白澤紘明、吉岡崇仁. (2016) 長治谷草地のシカ排除柵内外の植生変遷と柵の開放試験. 森林研究 79: 11-20

Tito de Morais C., Ghazoul J., Maycock C. R., Bagchi R., Burslem D. F. R. P., Khoo E., Itoh A., Nanami S., Matsuyama S. Finger A., Ismail S. A., Kettle C. J. (2015) Understanding local patterns of genetic diversity in dipterocarps using a multi-site, multi-species approach: implications for forest management and restoration. Forest Ecology and Management 356: 153-165

伊東明, 松山周平. (2014) 植物園のタンポポ:在来タンポポの保全と雑種問題. 『都市・森・人をつなぐ 森の植物園からの提言』京都大学出版会.

Harata T., Nanami S., Yamakura T., Matsuyama S., Chong L., Diway B. M., Tan S., Itoh A. (2012) Fine-scale spatial genetic structure of ten dipterocarp tree species in a Bornean rain forest. Biotropica 44: 586-594.

Matsuyama S., Sakimoto M.(2010) Sexual dimorphism of reproductive allocation at shoot and tree levels in Zanthoxylum ailanthoides, a pioneer dioecious tree. Botany,88:867-874.

Matsuyama S., Osawa N., Sakimoto M. (2009) Generalist pollinators in the dioecious shrub Rhus trichocarpa Miq. (Anacardiaceae) and their role in reproductive success. Plant Species Biology, 24: 215-224.

Matsuyama S., Sakimoto M. (2008) Allocation to reproduction and relative reproductive costs in two species of dioecious Anacardiaceae with contrasting phenology. Annals of Botany,101:1391-1400.

研究室だより

4月から新3年生を迎え、研究室が動き出しました。

当研究室に興味がある方は気軽にお越しください。

写真で見る研究室

環境植物学研究室

環境植物学研究室

環境植物学研究室

環境植物学研究室

環境植物学研究室

環境植物学研究室

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る