ハードヘルス学ユニット

ハードヘルス学ユニット ハードヘルス学は、生産動物における疾病防除と制御そして予防さらには生産管理を展開する総合的な応用獣医学です。 扱う動物単位は、基本的には集団「群」であり、時には地域に飼養されている動物すべてを対象にすることもあります。獣医師の社会に対する重要な使命である食の安全と安心の確保に密接に関わる重要な分野です。 主な研究のテーマは、牛群における疾病予防または制御に関する研究、牛群における生産性向上のための有効的かつ戦略的な生産関連データ利活用システムの開発に関する研究です。 活動の場は、大学附属農場と学外農場に分けられます。学外としては定期的な近郊農場訪問の他に地域からの要請に対応しているため全道に足を伸ばして、現場主義に基づく実践と研究を展開しています。

研究者プロフィール

氏名 ハードヘルス学ユニット おいかわしん
及川伸
教授 獣医学類長
担当科目 学外実習 中獣医学 衛生・環境学基礎実験 衛生・環境学実習 衛生・環境学演習 I 衛生・環境学特論 II 家畜衛生学 ハードヘルス学 予防衛生学実習C 予防衛生学実習D 衛生・環境学演習 II 生産管理学 衛生・環境学特論 I 統合獣医学 獣医療概論
プロフィール ハードヘルス学ユニットは2008年から正式にスタートした教育ユニットです。
獣医師は『安全で安心な畜産物を社会に供給する』ために日々努力しており、非常に重要な責務です。そのためには牛、豚、鶏など(生産動物)における病気の発生を未然に防いだり(予防)、コントロールすることがとても重要になります。ハードヘルス学とは、そういったことを動物の集団『群』、ときには地域全体を対象として実践する学問です。
研究やフィールド活動における対象動物は乳牛であり、活動の場は全道的(あるいは全国的)ですので、実践をとおして多くのことを実感し、考え、学ぶことができると思います。
基本的には楽しくやることをモットーとしています。なぜなら、楽しくないと誰しも続かないからです。いろんなことに興味を持って、どんどん主体的に活動することを奨励しています。
その他(所属・受賞) 準備中

研究データ

氏名 ハードヘルス学ユニット おいかわしん
及川伸
教授 獣医学類長
研究テーマ 1.乳牛の脂肪肝の制御に関する研究

乳牛では分娩の前後にエネルギーバランスが崩れた場合、肝臓に脂肪が蓄積し脂肪肝という病気にかかります。この病気が引き金となってさらに生産に関係する他の病気(生産病)を発生させてしまいますので、脂肪肝に対する効果的な予防法を研究しています。

2.乳牛の生産病と飼養環境に関する研究

乳牛では乳量の生産に関係して発生する生産病(上記)のコントロールが重要なポイントです。生産病の発生は飼養環境に関係していることが知られています。生産病発生の低減のための環境のコントロール法に関する研究をしています。


3.酪農における生産関連データの有効活用システムの研究

酪農は実は非常に科学的な学問をベールに実践されています。牛群の健康を管理する多くの貴重なデータが関連機関の調査からパソコンに集積されています。それらを使用して牛群の健康管理に有効なシステムを研究しています。
研究実績 Changes of very low-density lipoprotein concentration in hepatic blood from cows with fasting-induced hepatic lipidosis. Oikawa, S., Mizunuma, Y., Iwasaki, Y. and Tharwat, T.
共著 Can. J. Vet. Res. 74:317-320, 2010.


乳牛の生産病予防と飼養環境. 及川伸.

単著 獣医畜産新報. 61:547-554, 2008.


3. Decreased insulin response in dairy cows following a four-day fast to induce hepatic lipidosis. Oikawa, S. and Oetzel, G. R. J.

共著 Dairy Sci. 89:2999-3005, 2006.

乳牛群の健康管理のための環境モニタリング 及川伸 監修、酪農学園大学エクステンションセンター 2011年3月

研究室だより

写真で見る研究室

ハードヘルス学ユニット

ハードヘルス学ユニット

ハードヘルス学ユニット

ハードヘルス学ユニット

ハードヘルス学ユニット

ハードヘルス学ユニット

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://www.rakuno.ac.jp/dep05/sec3/u6/unit.htm

このページのTOPへ戻る