食品衛生学ユニット

食品衛生学ユニット 食品衛生学ユニットは、新しい教育ユニットとして2008年4月に誕生しました。 われわれ人間が健康で生活するために、食品は必要で不可欠なものです。食品が人に健康被害を引き起こさないことや、食品としての品質を備えていることを保証することが食品衛生の目的となります。したがって、ユニットの教育や研究も食品衛生を中心としたものとなっています。 ユニットは教授(田村 豊)と准教授(石原加奈子)により運営されています。主な研究テーマは、薬剤耐性菌の疫学的研究で、これまで調査成績が少ない食品や環境(野生動物を含む)、さらには伴侶動物の耐性菌疫学調査を実施し、生態系での耐性菌の循環という視点で、人への伝播経路の解明に努力しています。 また、汚染した食肉などが原因となって発生する食中毒の原因菌の1つである「カンピロバクター」や人と動物の間で、伝播が起こっていると考えられる「メチシリン耐性ブドウ球菌」について、遺伝学的および疫学的な解析を行い、その予防策を構築したいと考えています。 研究の特徴は、国内外の大学や研究機関との共同研究で進めていることです。卒論研究を通じて、「研究は面白い」と感じる学生が増えることを期待しています。

研究者プロフィール

氏名 食品衛生学ユニット うすいまさる
臼井優
准教授
担当科目 衛生・環境学基礎実験 衛生・環境学実習 衛生・環境学演習 I 衛生・環境学演習 II 食の安全・安心の科学 食品衛生学 衛生・環境学特論 I 食品衛生学実習 生物学実験
プロフィール 私は山口大学農学部獣医学科を卒業後、農林水産省で勤務しておりました。農林水産省においては、動物医薬品検査所で動物用医薬品の国家検定や標準品の設定、食用動物由来の薬剤耐性菌に関する研究を、本省では薬剤耐性菌に関わる行政対応を行いました。

縁あって2012年5月より本学に赴任させていただくことになりました。これまでの経験において、薬剤耐性菌問題の重要性、対策の難しさを実感していることから「人を含む動物が薬剤耐性菌といかにつきあっていくか」を大きなテーマとして研究を行い薬剤耐性菌問題の対策に貢献したいと思っています。薬剤耐性菌の発現機序や伝播経路を明らかにするため、主に分子生物学的手法を用いて研究を進めたいと思っています。

趣味はスポーツ全般(特に陸上競技、アメリカンフットボール、サーフィン、自転車)で競技も観戦もします。
その他(所属・受賞) 準備中

研究データ

氏名 食品衛生学ユニット うすいまさる
臼井優
准教授
研究テーマ 1.動物由来薬剤耐性菌の耐性機構・伝播経路の解明
動物において薬剤耐性菌が広がることは、人が動物を介した細菌感染症を起こした時に使用できる薬剤がなくなってしまうリスクとなります。そこで、動物由来細菌の薬剤耐性機構・伝播経路を明らかにすることを目的として実験を行っています。

2.薬剤使用と薬剤排泄ポンプの関係
細菌に薬剤を使用することで耐性に関わる薬剤排泄ポンプが活性化するといわれています。薬剤の使用と薬剤排泄ポンプの活性化、薬剤耐性菌の出現の関係を明らかにすることで耐性菌の出現を防ぎたいと思っています。
研究実績 Low expression of AcrB in the deoxycholate-sensitive strains of Salmonella enterica subspecies enterica serovar Pullorum.
Usui M, Asai T, Sato S.
Microbiol Immunol, 55:366-368, 2011.

Contribution of Enhanced Efflux to Reduced Susceptibility of Salmonella enterica Serovar Choleraesuis to Fluoroquinolone and Other Antimicrobials.
Usui M, Uchiyama M, Baba K, Nagai H, Yamamoto Y, Asai T.
J Vet Med Sci. 73:279-282, 2011.

Intracellular concentrations of enrofloxacin in quinolone-resistant Salmonella enterica subspecies enterica serovar Choleraesuis.
Usui M, Uchiyama M, Iwanaka M, Nagai H, Yamamoto Y, Asai T.
Int J Antimicrob Agents. 34:592-595, 2009.
① Masaru Usui, Takahiro Shirakawa, Akira Fukuda, Yutaka Tamura.
The Role of Flies in Disseminating Plasmids with Antimicrobial Resistance Genes Between Farms.
Microbial Drug Resistance., in press. 2015.

② Torahiko Okubo, Yuka Tosaka, Toyotaka Sato, Masaru Usui, Chie Nakajima, Yasuhiko Suzuki, Yutaka Tamura.
Bacterial diversity in sea ice from Southern ocean and the Sea of Okhotsk.
Journal of Applied Environmental Microbiology., 2: 266-272. 2014.

③ Masaru Usui, Yukie Nanbu, Kentaro Oka, Motomichi Takahashi, Takashi Inamatsu, Tetsuo Asai, Shigeru Kamiya, Yutaka Tamura.
Genetic relatedness between Japanese and European isolates of Clostridium difficile originating from piglets and their risk associated with human health.
Frontiers in Microbiology., 5: 513. 2014.

④ Masaru Usui, Ikuo Uchida, Yutaka Tamura.
Selection of macrolide-resistant Campylobacter in pigs treated with macrolides.
Veterinary Record., 175: 430. 2014.

⑤ Mototaka Hiki, Masaru Usui, Tetsuya Akiyama, Michiko Kawanishi, Mai Tsuyuki, Saiki Imamura, Hideto Sekiguchi, Akemi Kojima, Tetsuo Asai.
Phylogenetic Grouping, Epidemiological Typing, Analysis of Virulence Genes, and Antimicrobial Susceptibility of Escherichia coli Isolated from Healthy Broilers in Japan.,
Irish Veterinary Journal., 67: 14. 2014.

⑥ Kazuki Harada, Masaru Usui, Tetsuo Asai.
Application of enrofloxacin and orbifloxacin disks approved in Japan for susceptibility testing of representative veterinary respiratory pathogens.
Journal of Veterinary Medical Science., 76: 1427-1430. 2014.

⑦ Toyotaka Sato, Torahiko Okubo, Masaru Usui, Shinichi Yokota, Satoshi Izumiyama, Yutaka Tamura.
Association of Veterinary Third-Generation Cephalosporin Use with the Risk of Emergence of Extended-Spectrum-Cephalosporin Resistance in Escherichia coli from Dairy Cattle in Japan.
PLOS ONE. 9(4): e96101. 2014.

⑧ Toyotaka Sato, Shinichi Yokota, Rie Ichihashi, Tadashi Miyauchi, Torahiko Okubo, Masaru Usui, Nobuyuki Fujii, Yutaka Tamura.
Isolation of Escherichia coli strains with AcrAB–TolC efflux pump-associated intermediate interpretation or resistance to fluoroquinolone, chloramphenicol, and aminopenicillin from dogs admitted to a university veterinary hospital.
Journal of Veterinary Medical Science., 76: 937-945. 2014.

⑨ Masaru Usui, Yoko Sakemi, Ikuo Uchida, Yutaka Tamura.
Effects of fluoroquinolone treatment and group housing of pigs on the selection and spread of fluoroquinolone-resistant Campylobacter.
Veterinary Microbiology., 170: 438-441. 2014.

⑩ Torahiko Okubo, Toyotaka Sato, Shinichi Yokota, Masaru Usui, Yutaka Tamura.
Comparison of broad-spectrum cephalosporin-resistant Escherichia coli isolated from dogs and humans in Hokkaido, Japan.
Journal of Infectious Chemotherapy., 20: 243-249. 2014.

⑪ Masaru Usui, Shuhei Ozawa, Hiroyuki Onozato, Rikiya Kuge, Yuko Obata, Tomoe Uemae, PT Ngoc, A Heriyanto, T Chalemchaikit, Kohei Makita, Yasukazu Muramatsu, Yutaka Tamura.
Antimicrobial susceptibility of indicator bacteria isolated from chickens in Southeast Asian countries (Vietnam, Indonesia, and Thailand).
Journal of Veterinary Medical Science., 76: 685-692. 2014.

⑫ Toyotaka Sato, Shinichi Yokota, Torahiko Okubo, Masaru Usui, Nobuhiro Fujii, Yutaka Tamura.
Phylogenetic association of fluoroquinolone- and cephalosporin-resistance of D-O1-ST648 Escherichia coli carrying blaCMY-2 from fecal samples of dogs in Japan.
Journal of Medical Microbiology., 63: 263-270. 2014.

⑬ Toyotaka Sato, Shinichi Yokota, Ikuo Uchida, Torahiko Okubo, Masaru Usui, Masahiro Kusumoto, Masato AKiba, Nobuhiro Fujii, Yutaka Tamura.
Fluoroquinolone resistance mechamisms in an Escherichia coli isolate, HUE1, without quinolone resistance-determining region mutations.
Frontiers in Microbiology., 4: 125. 2013.

⑭ Masaru Usui, Tomohiro Iwasa, Akira Fukuda, Toyotaka Sato, Torahiko Okubo, Yutaka Tamura.
The role of flies in spreading the extended-spectrum beta-lactamase gene from cattle.
Microbial Drug Resistance., 19: 415-420. 2013.

⑮ Masaru Usui, Hidetaka Nagai, Yutaka Tamura.
An in vitro method for evaluating endotoxic activity using prostaglandin E2 induction in bovine peripheral blood.
Biologicals. 41: 158-161. 2013

⑯ Toyotaka Sata, Torahiko Okubo, Masaru Usui, Hidetoshi Higuchi, Yutaka Tamura.
Amino acid substitutions in GyrA and ParC are associated with fluoroquinolone resistance in Mycoplasma bovis isolates from Japanese dairy calves.
The Journal of Veterinary Medical Science. In press. 2013.

研究室だより

写真で見る研究室

食品衛生学ユニット

食品衛生学ユニット

食品衛生学ユニット

食品衛生学ユニット

食品衛生学ユニット

食品衛生学ユニット

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://www.rakuno.ac.jp/dep05/sec3/u1/unit.htm
http://rakuno-gakuen-shokuei.webnode.jp/

このページのTOPへ戻る