獣医細菌学ユニット

獣医細菌学ユニット 獣医細菌学ユニットは、文字通り獣医領域の病原細菌とそれによって起こる感染症を対象として教育・研究を行っています。現在、菊池教授と村田講師の教員スタッフ2名と、6年生4名、5年生6名、4年生5名の学生が所属し、温かい雰囲気の中それぞれの実験に勤しんでいます。 本ユニットでは細菌感染症の疫学的解析と、遺伝学的手法を用いた細菌の系統分類をテーマに次のような研究を行っています。「日本における動物のレプトスピラ感染症の調査」「MALDI-TOF MSによる動物由来細菌の網羅的解析」「セラピードッグにおける人獣共通感染症起因菌の保有調査」 実験室にこもるだけでなく、臨床と密接に連携し、研究成果を現場へ還元・応用することが重要であると考えています。“獣医臨床現場と結びついた細菌学”をモットーに教育・研究を行うことで、現場で十分に実力を発揮しうる実践的な獣医師を毎年送り出しています。

研究者プロフィール

氏名 獣医細菌学ユニット むらたりょう
村田亮
講師
担当科目 生体機能・感染病理学実習 生体機能・感染病理学基礎実験 生体機能・感染病理学演習 I 生体機能・感染病理学特論 II 生体機能・感染病理学演習 II 獣医細菌病学実習 動物細菌病学 生体機能・感染病理学特論 I 統合獣医学 動物感染症学
プロフィール 2000~2006年:酪農学園大学 獣医学部 獣医学科 伝染病学教室
2006~2010年:北海道大学 大学院 獣医学研究科
2010~2014年:東京農業大学 農学部 畜産学科
2014年 4月~:酪農学園大学 獣医学類 獣医細菌学ユニット

生産動物も伴侶動物も、我々人間が生きていくためには欠かせない、大切な存在です。そんな身近な動物たちに感染し、病気を起こしてしまう細菌について予防・治療に役立つ基礎的な情報を集めています。安全安心な畜産物、快適なペット(=家族)との生活を目指して、細菌病と闘って行きます!
その他(所属・受賞) 所属学会;日本獣医学会,日本細菌学会,日本家畜衛生学会,日本家禽学会

研究データ

氏名 獣医細菌学ユニット むらたりょう
村田亮
講師
研究テーマ 身近な動物に起こる細菌性感染症の生態学的・疫学的研究
 1.MALDI-TOF BioTyperを用いた動物由来細菌の遺伝子型・血清型鑑別
 2.Actinobacillus pleuropneumoniaeにおけるキノロン耐性獲得機序の解明
 3.溶菌性ファージを用いた細菌性家畜感染症の予防・利用法の構築
 4.ブタおよびアライグマ由来レプトスピラの解析
研究実績 [2016] Pulmonary Aspergillosis in Sika Deer (Cervus nippon yesoensis), Matsuda, K., Yanagi, M., Akiyama, Y., Sairiki, S., Murata, R., Taniyama, H., 69, 1, 47-51, J. Jpn. Vet. Med. Assoc.
[2015] Prevalence of fluoloquinolone resistant Esherichia coli from calves, Ryo MURATA, 4, 4, 161-167, The Journal of Farm Animal in Infectious Disease
[2013] Increased pathogenicity of West Nile virus (WNV) by glycosylation of envelope protein and seroprevalence of WNV in wild birds in Far Eastern Russia., Kariwa, H., Murata, R., Totani, M., Yoshii, K., Takashima, I., 10, 12, 7144-64, Int. J. Environ. Res. Public. Health.
[2013] Tonsilliphilus suis gen. nov., sp. nov., causing tonsil infections in pigs., Azuma, R., Ung-Bok, B., Murakami, S., Ishiwata, H., Osaki, M., Shimada, N., Ito, Y., Miyagawa, E., Makino, T., Kudo, T., Takahashi, Y., Yano, I., Murata, R. and Yokoyama, E., 63, 7, 2545-52, Int. J. Syst. Evol. Microbiol.
[2013] 農学部学生に対する就農意欲の喚起-新規就農フォーラムについて-, 宮田正信、高橋幸水、村田亮、増田宏司、篠原弘亮、岩田尚孝、廣瀬友二、玉井富士雄、高畑健、小池安比古, 17, 1, 65-66, 文理シナジー
[2013] Investigation of Bacterial Translocation in Culled Cows., Murakami, S., Kanazawa, M., Murata, R., Sekiguchi, M. and Ohba, T., 66, 1, 65-69, J. Jpn. Vet. Med.
[2012] Development of a serotyping enzyme-linked immunosorbent assay system based on recombinant truncated hantavirus nucleocapsid proteins for New World hantavirus infection., Koma, T., Yoshimatsu, K., Taruishi, M., Miyashita, D., Endo, R., Shimizu, K., Yasuda, S. P., Amada, T., Seto, T., Murata,R., Yoshida, H., Kariwa, H., Takashima, I. and Arikawa, J., 185, 1, 74-81, J. Virol. Methods.
[2012] Genetic diversity of hantaviruses in Mexico: identification of three novel hantaviruses from Neotominae rodents., Kariwa, H., Yoshida, H., Sánchez-Hernández, C., Romero-Almaraz, M. L., Almazán-Catalán, J. A., Ramos, C., Miyashita, D., Seto, T., Takano, A., Totani, M., Murata, R., Saasa, N., Ishizuka, M., Sanada, T., Yoshii, K., Yoshimatsu, K., Arikawa, J. and Takashima, I., 163, 2, 486-94, Virus. Res.
[2011] Seroprevalence of West Nile virus in wild birds in far eastern Russia using a focus reduction neutralization test., Murata,R., Hashiguchi, K., Yoshii, K., Kariwa, H., Nakajima, K., Ivanov, L. I., Leonova, G. N. and Takashima, I., 84, 3, 461-5, Am. J. Trop. Med. Hyg.
[2011] Abortedlesions of a pig associated with Arcanobacterium abortisuis and the immunohistochemical features., Murakami, S., Ogawa, A., Azuma, R., Ohba, T. and Murata, R., 73, 6, 797-9, J. Vet. Med. Sci.
[2010] Glycosylation of the West Nile Virus Envelope Protein Increases in vivo and in vitro Viral Multiplication in Birds., Murata, R., Eshita, Y., Maeda, A., Maeda, J., Akita, S., Tanaka, T., Yoshii, K., Kariwa, H., Umemura, T. and Takashima, I., 82, 4, 696-704, Am. J. Trop. Med. Hyg.
[2009] Establishment of a neutralization test involving reporter gene-expressing virus-like particles of tick-borne encephalitis virus., Yoshii, K., Ikawa, A., Chiba, Y., Omori, Y., Maeda, J., Murata, R., Kariwa, H. and Takashima, I., 161, 1, 173-6, J. Virol. Methods.
[2009] A PCR-based protocol for the generation of a recombinant West Nile virus., Maeda, A., Murata, R., Akiyama, M., Takashima, I., Kariwa, H., Watanabe, T., Kurane, I. and Maeda, J., 144, 1-2, 35-43, Virus Res.

研究室だより

 2015年度、6名の卒業生を涙涙で送り出してから半年、早くも4年生のゼミ決めが始まっています。明るく真面目な卒業生が残してくれた温かいイメージのおかげでしょうか、今年もそこそこ人気の獣医細菌学ユニットです♪
 今年度は、何といっても菊池先生のラストラン!!!ぜひぜひ公私ともに充実した1年を過ごして頂きたいと研究室一同心から願っております。特に~~~レプトスピラ~~~の研究においては、貴重な技術と膨大な知識を受け継ぐ最後のチャンスです。私も心して先生との毎日を大切に過ごして参る所存です。
 卒業生のみなさまにも協力して頂くことの多い年になると思いますのが、何卒ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申しあげます。

写真で見る研究室

獣医細菌学ユニット

獣医細菌学ユニット

獣医細菌学ユニット

獣医細菌学ユニット

獣医細菌学ユニット

獣医細菌学ユニット

修士・卒業論文発表

2015年度卒業論文
 ・わが国の酪農場におけるバルク乳からのレプトスピラ遺伝子の検出
 ・豚由来Streptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis株の遺伝子学的解析
 ・MALDI-TOF MSを用いた動物由来細菌の血清型と遺伝子型の解析
 ・レプトスピラ血清型Hardjo感染が牛の繁殖成績に与える影響およびレプトスピラ不活化ワクチンの有効性について
 ・牛のレプトスピラ症に対するワクチンの有効性について
 ・北海道に生息するアライグマから分離されたレプトスピラの遺伝学的解析
 ・微細藻類コッコミクサ抽出物の豚鼻腔内噴霧による細菌の定着性に与える影響

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


https://www.facebook.com/saikindenbyo/

このページのTOPへ戻る