動物行動生態研究室

動物行動生態研究室 我々の研究室では、野生動物から伴侶動物に至る動物の行動や生態に関する研究を行うとともに、人が動物に対して及ぼす影響をストレスや感性症を含めて研究しています。調査対象であるチンパンジー、キリン、カバ、ホッキョクグマ、イルカ、オタリア、アザラシ、トド、あるいは犬や猫などを研究室の学生や院生が活発に研究しています。

研究者プロフィール

氏名 動物行動生態研究室 こおりやまたかのり
郡山尚紀
准教授
担当科目 附属動物病院実習 獣医保健看護学基礎実験 卒業論文 獣医保健看護学演習Ⅲ 動物ハンドリング学 ドッグスポーツ論 動物行動学 動物行動学B 動物ハンドリング学実習 基礎演習 I 行動学実習A 獣医保健看護学演習Ⅳ 行動学実習B 獣医療概論 動物介在療法実習 動物介在療法論
プロフィール 大学院生4人、学類生13人、教員1人
その他(所属・受賞) 準備中

研究データ

氏名 動物行動生態研究室 こおりやまたかのり
郡山尚紀
准教授
研究テーマ ・ヒトと大型類人猿の共通感染症
・海棲哺乳類の生態と音声コミュニケーション
・動物と人の関係の分析方法の確立
・天売猫の馴化方法の分析とマニュアルの一般化の検討
研究実績 <原著論文>
Ota, N., Hasegawa, H., McLennan, M. R., Kooriyama, T., Sato, H., Pebsworth, P. A., & Huffman, M. A. (2015). Molecular identification of Oesophagostomum spp. from ‘village’chimpanzees in Uganda and their phylogenetic relationship with those of other primates. Royal Society Open Science, 2(11), 150471.
Miura, R., Kooriyama, T. (These authors contributed equally to this work), Yoneda, M., Takenaka, A., Doki, M., Goto, Y., ... & Kai, C. (2015). Efficacy of Recombinant Canine Distemper Virus Expressing Leishmania Antigen against Leishmania Challenge in Dogs. PLoS Negl Trop Dis, 9(7), e0003914.
Takenaka A, Yoneda M, Seki T, Uema M, Kooriyama T, Nishi T, Fujita K, Miura R, Tsukiyama-Kohara K, Sato H, Kai C. 2014 Characterization of two recent Japanese field isolates of canine distemper virus and examination of the avirulent strain utility as an attenuated vaccine. Vet Microbiol. 2014 5;174 (3-4):372-81.
Nakamura M, Corp N, Fujimoto M, Fujita S, Hanamura S, Hayaki H, Hosaka K, Huffman MA, Inaba A, Inoue E, Itoh N, Kutsukake N, Kiyono-Fuse M, Kooriyama T, Marchant LF, Matsumoto-Oda A, Matsusaka T, McGrew WC, Mitani JC, Nishie H, Norikoshi K, Sakamaki T, Shimada M, Turner LA, Wakibara JV, Zamma K. Ranging behavior of Mahale chimpanzees: a 16 year study. Primates. 2013 Apr;54(2):171-82.
Kooriyama T, Okamoto M, Yoshida T, Nishida T, Tsubota T, Saito A, Tomonaga M, Matsuzawa T, Akari H, Nishimura H, Miyabe-Nishiwaki T. 2013. Epidemiological study of zoonoses derived from humans in captive chimpanzees. Primates. 54: 89-98 (CA&FA)
Kooriyama T, Hasegawa H, ShimozuruM, Tsubota T, Nishida T, Iwaki T. 2013. Parasitology of five primates in Mahale Mountains National Park, Tanzania. Primates. 53: 365-375 (FA)

<著書>
S Hanamura, T Kooriyama, and K Hosaka, 25 Diseases and deaths: variety and impact on social life, 354-371 in “Mahale Chimpanzees 50 Years of Research” Eds. M Nakamura, K Hosaka, N Itoh, K Zamma, September 2015, Cambridge University Press, Cambridge, UK(分担)
T Kooriyama and H Hasegawa, 47 Internal parasites, 639-654 in “Mahale Chimpanzees 50 Years of Research” Eds. M Nakamura, K Hosaka, N Itoh, K Zamma, September 2015, Cambridge University Press, Cambridge, UK(分担)

<招待講演>
郡山尚紀“海棲哺乳類が多く訪れる積丹半島の環境とエコツーリズム” NPO法人北海道海浜美化をすすめる会勉強会 北海道積丹 2015年9月
郡山尚紀“積丹半島におけるトドの社会行動の研究” 2014年度勇魚会シンポジウム 京都 2014年11月

<学会発表>
平成27年度北海道地区三学会(2015年9月 酪農学園大学 江別)
小ー46動物愛護フェスティバル来場者の飼い犬に対する意識調査と動物愛護への関心○中村鈴夏1) 吉田充宏2) 松尾直樹3) 木村雅之4) 郡山尚紀1)(1酪農学園大学 2上江別動物病院 3野幌南動物病院 4リンクス動物病院)
小ー47動物介在活動におけるセラピードッグの唾液中コルチゾールの濃度変化○黒野裕史1)鎌田祐奈1)郡山尚紀1) (1酪農学園大学獣医保健看護)
小ー48天売島野生化家猫の避妊去勢後の譲渡に向けた効率的馴化方法の検討○吉原楓1)竹中康進2)郡山尚紀1)(1酪農学園大学獣医保健看護 2環境省羽幌自然保護官)

第158回日本獣医学会学術集会(2015年9月 北里大学 十和田)
IO-10 動物介在療法を行うセラピー犬における適正試験成績と活動への参加による唾液中sIgAの濃度変化○鎌田 祐奈、黒野 裕史、郡山 尚紀(酪農大 獣医保健看護)
LO-1 野生カマイルカ(Lagenorhynchus obliquidens)の鳴音と行動の関連性○松代 真琳1、水口 大輔2、藤田 尚夫3、佐野 忠士1、郡山 尚紀1
(1 酪農大 獣医・獣医保健看護、2 京都大学 野生動物研究センター、3 PADI 5Star DIVERESORT ZEMHOUSE)
LO-2 ゴマフアザラシ(Phoca Largha)母乳に含まれる脂肪酸、ビタミン群、ミネラル ○茶屋原 夕子1、鈴鹿 史顕1、川本 守2、角川 雅俊2、郡山 尚紀1(1 酪農大 獣医保健看護、2 おたる水族館)
LO-5 野生トド(Eumetopias jubatus)に見られた白内障の病理解析
○中村 美里1、前原 誠也2、佐野 悠人3、和田 昭彦4、谷山 弘之3、岡本 実3、郡山 尚紀1(1酪農大 獣医保健看護、2酪農大 伴侶内科、3酪農大 獣医病理、4北海道総合研究機構)

第21回野生動物医学会(2015年7月 酪農学園大学 江別)
2-13 小樽市祝津沖のトド岩における野生トドの個体数推移 ○亀井修一,茶屋原夕子, 松代真琳, 藤田尚夫, 郡山尚紀(1 酪農学園大学獣医保健看護学類, 2 ゼムハウスPADI 5 STAR DIVE RESORT)Population dynamics of wild Steller sea lions around haul-out at Shukutsu area in Hokkaido, Japan
2-14 オタリア(Otaria flavescens)における鏡像自己認知 ○荒木友李 1,鎌田祐奈 1,松代真琳 1,中村美里 1,茶屋原夕子 1,角川雅俊 2,勝見 智 2,郡山尚紀 1(1酪農学園大学獣医保健看護学類,おたる水族館)Mirror self-recognition in the South American sea lion (Otaria flavescens)
2-15 野生トド(Eumetopias jubatus)に見られた慢性化膿性子宮炎症の一例 ○山本薫 1,遠藤ちひろ 2,和田昭彦 3,谷山弘行 2,岡本 実 2,郡山尚紀 1(1 酪農学園大学獣医保健看護学類, 2 酪農学園大学獣医学類, 3北海道総合研究機構)Case report of chronic suppurative metritis in a Stellar sea lion

研究室だより

4月〜7月カマイルカ調査、7〜8月研究室旅行、7月〜10月ダイビング指導、6〜7月、10〜12月しつけ教室・パピークラス、9月日本獣医学会、北海道獣医師会学会、動物愛護フェスティバル、11月〜3月トド調査、1月卒論発表会、2月卒論提出、3月卒業式

写真で見る研究室

動物行動生態研究室

動物行動生態研究室

動物行動生態研究室

動物行動生態研究室

動物行動生態研究室

動物行動生態研究室

修士・卒業論文発表

野生トド(Eumetopius jubatus)の白内障
飼育下マサイキリン(Giraffa camelopardalis, t. M.)の糞中ストレス値と行動の関連性
ゴマフアザラシ(Phoca Largha)母乳に含まれる脂肪酸、ビタミン群、ミネラル、糖
オタリア(Otaria flavescens)における鏡像認知
セラピー犬における適性試験成績と活動の参加による唾液中SIgAの濃度変化
動物介在活動時のセラピー犬における唾液中コルチゾールの濃度変化    積丹の海を回遊するカマイルカ(Lagenorhynchus obliquidens)の音声解析
ハワイガン(Branta sandvicensis)の社会行動に関する予備的研究
初乳を介したゴマフアザラシ(Phoca largha)のパップへのイムノグロブリンへの移行
野生および飼育下チンパンジー(Pan troglodytes)のヒト由来病原体への暴露に関する血清学的研究
飼育下トド(Eumetopias jubatus)の遊び行動と発達
野生トド(Eumetopias jubatus)の移入個体がおよぼす群れと他個体への影響
飼育下トド(Eumetopias jubatus)における水中および水面での睡眠の特性

このページのTOPへ戻る