給食経営管理学研究室

給食経営管理学研究室 管理栄養士は、献立作成や栄養管理だけでなく、給食施設の設備や機器に関すること、食材費及び人件費の運用など、総合的なマネジメントに関わります。このことから給食経営管理は、ダイナミックでやりがいがある仕事です。 当研究室では、管理栄養士としての総合力を高めるために、産学連携の活動を積極的に行っています。

研究者プロフィール

氏名 給食経営管理学研究室 こばやしとおる
小林道
講師
担当科目 卒業論文 健康栄養学演習 I 基礎演習 I 応用栄養学I 給食管理実習 II 給食経営管理論 総合演習 II 総合演習 I 給食管理実習I 健康栄養学演習 II
プロフィール 北海道函館市出身
出身高校:函館工業高等学校
高校卒業後、茨城県にて油圧ショベルの設計に従事。3年半の寮生活の経験などにより食の大切さを身をもって知ったことから栄養士を志し、2002年に函館短期大学に入学。卒業後、調理学校、病院勤務などを経て、2006年に陸上自衛隊の栄養担当官に任官し、道内3ヶ所駐分屯地で勤務。その間、2007年に管理栄養士免許取得、2014年に北海道医療大学大学院看護福祉学研究科修士課程を修了し、同年4月に北海道大学大学院医学研究科博士課程に入学。2015年4月より酪農学園大学に入職。
その他(所属・受賞) 準備中

研究データ

氏名 給食経営管理学研究室 こばやしとおる
小林道
講師
研究テーマ 大学生などの若年者及び勤労者などを対象として食事調査を行い、食習慣と疾患の関連を明らかにする栄養疫学研究を進めています。
研究実績 小林道,志渡晃一.新規採用陸上自衛官における入隊前の朝食習慣とその関連要因.北海道医療大学看護福祉学部学会誌,10(1):9-14,2014
小林道,佐藤香澄,志渡晃一.新規採用陸上自衛官におけるワーク・ライフ・バランスとその関連要因.北海道公衆衛生学雑誌,27(2):131-135,2014
小林道,志渡晃一.新規採用陸上自衛官における首尾一貫感覚(SOC)とその関連要因. 社会医学研究,31(1):81-86,2013
小林道,志渡晃一.新規採用陸上自衛官における抑うつ症状とその関連要因.社会医学研究,31(1),105-111,2013
小林道,志渡晃一.陸上自衛隊員における生活習慣改善プログラムによるBMIの変化:栄養教育・栄養指導介入.北海道公衆衛生学雑誌,26(2):93-95,2013
小林道,佐藤厳光,志渡晃一.陸上自衛官における主観的健康感とその関連要因.北海道公衆衛生学雑誌.26(2):89-92,2013.
小林道,佐藤厳光,志渡晃一.陸上自衛官における生活習慣指標と喫煙の関連.北海道医療大学看護福祉学部学会誌,9(1):95-99,2013
佐藤厳光,小林道,佐々木浩子,高橋光彦,志渡晃一.大学生の抑うつ症状と食習慣の関連.北海道医療大学看護福祉学部学会誌,9(1):117-120,2013
佐藤厳光,小林道,佐々木浩子,高橋光彦,志渡晃一.大学生における食習慣と抑うつ症状の関連についての性別の検討.北海道公衆衛生学雑誌,26(2):121-124,2013
村田まり子,小林道,市川治,小糸健太郎.備蓄食品における食事バランスガイドの導入,酪農学園大学紀要.37(2):67-74,2013

研究室だより

当研究室では、産学連携の活動による実学の充実に力を入れています。具体的には、株式会社どんぐり様の協力を得て、パンの商品開発・販売を行い、地元産業及び地域との連携を図っています。
また、27年度からは、北海道産小麦の地産地消を目的としている「ジンギスカン焼そばの会」に賛助会員として加盟し、学園祭で江別産小麦麺を使用したジンギスカン焼そばの模擬店を出店しました。
以上のようなゼミ活動を通して、職業人としての基礎力を身につけるとともに、地域を中心とした食を取り巻く環境に目を向けられる管理栄養士の育成を目指しています。

写真で見る研究室

給食経営管理学研究室

給食経営管理学研究室

給食経営管理学研究室

給食経営管理学研究室

給食経営管理学研究室

給食経営管理学研究室

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る