栄養指導論研究室

栄養指導論研究室 楽しみとしての食事から疾病の予防・治療のための食事まで、人が食事に求める意味は様々であります。栄養指導論研究室では、対象者が食習慣を自ら変容するために管理栄養士としてどのように関わることができるのか、行動科学理論の選択と関連して考えます。食行動に及ぼす多様な要因を考慮し、食事制限を伴う行動変容の難しさと合わせて検討しています。

研究者プロフィール

氏名 栄養指導論研究室 すぎむらるみこ
杉村留美子
准教授
担当科目 卒業論文 健康栄養学演習 I 基礎演習 I 臨床栄養学実験・実習 II 栄養指導論実習I 栄養教育論 栄養カウンセリング論 総合演習 II 栄養指導概論 総合演習 I 健康栄養学演習 II 栄養指導論実習 II
プロフィール 出身地:北海道(札幌市)
出身校:藤女子大学、北海道教育大学大学院札幌校教科教育専攻、北海道大学大学院水産科学院
その他(所属・受賞) 所属学会:日本栄養改善学会、日本食品科学工学会、
日本未病システム学会、日本食育学会、日本調理科学会

研究データ

氏名 栄養指導論研究室 すぎむらるみこ
杉村留美子
准教授
研究テーマ 行動科学理論に基づく栄養教育
食行動変容の促しに関する研究
研究実績 杉村留美子,古郡曜子:調理実習におけるデモンストレーションの役立ち感.北海道文教大学紀要, 38, 107-112(2014)
古郡曜子,杉村留美子:幼児の食育にボランティアを取り入れた栽培活動.北海道文教大学論集,15, 125-131(2014)
古郡曜子,杉村留美子:1990年~2000年幼児教育・保育雑誌における食に関する掲載-幼児の料理への提唱-. 子どもロジー ,17, 49-53(2013)
Rumiko Sugimura,Masatake Suda,Ayumi Sho,Tomoya Takahashi,Tokutake Sashima,Masayuki Abe,Masashi Hosokawa,Kazuo Miyashita,:Stability of Fucoxanthin in Dried Undaria Pinnatifida (Wakame) and Baked Products (Scone) Containing Wakame Powder. Food Science and Technology Research 18(5)687-693(2012)
Tyosha Yamaguchi T, Sugimura R, Shimajiri J, Suda M, Abe M, Hosokawa M, Miyashita K:Oxidative Stability of Glyceroglycolipids Containing Polyunsaturated Fatty Acids.Journal of Oleo Science ,61, 505-513(2012)

研究室だより

食と健康に関わる分野を中心に、栄養教育の方法論について追及していきたいを考えております。

写真で見る研究室

栄養指導論研究室

栄養指導論研究室

栄養指導論研究室

栄養指導論研究室

栄養指導論研究室

栄養指導論研究室

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る