獣医組織解剖学ユニット

獣医組織解剖学ユニット 組織解剖学教育ユニットは、獣医解剖学の中で主に光学顕微鏡、電子顕微鏡での組織、細胞構造を教授する部分として08年に発足しました。 本ユニットでは細胞内生命現象の解説と細胞が集合して形作られる臓器における細胞の「役割」と「相互性」について教授します。細胞、それが作り出す組織にはそれぞれの特徴と機能、それに対応する美しい構造があります。心ゆくまで楽しみ理解するユニットです。

研究者プロフィール

氏名 獣医組織解剖学ユニット たけはなかずしげ
竹花一成
教授 学長
担当科目 生体機能・感染病理学実習 生体機能・感染病理学基礎実験 生体機能・感染病理学演習 I 動物形態機能学A 解剖生理学 I 獣医組織学B 生体機能・感染病理学演習 II 生体機能・感染病理学特論 I 解剖生理学 II 獣医療概論 獣医組織学A
プロフィール 組織学は身体を構築する細胞の形と機能を解説する普遍的な学問です。形を見て「なるほどなー」とおもう、細胞の役割を皆さんが理解できます。何故この様な形をする必要があるのか、そして何故そうしなくてはいけないのかを説明しています。
細胞が作る世界は無限の宇宙の様です。その宇宙の旅から人類への貢献への糸口を探しましょう。そして、正常とは何か、自分の細胞への語りかけをしたいとおもいます。
その他(所属・受賞) 所属学会
日本獣医学会
日本獣医師会
日本解剖学会
日本顕微鏡学会
結合組織学会
日本獣医解剖学会
ウマ科学会
氏名 獣医組織解剖学ユニット みなぐちじゅん
美名口 順
講師
担当科目 生体機能・感染病理学実習 生体機能・感染病理学基礎実験 生体機能・感染病理学演習 I 生物学実験 獣医組織学B 生体機能・感染病理学演習 II 基礎演習 I 獣医組織学実習 獣医組織学A
プロフィール 「組織学」と聞いてどんな学問かわかりますか? 簡単に言えば顕微鏡を使って見ることのできるものを扱う学問です。生体機能を「かたち」と「はたらき」の2つに分けた場合、「かたち」から入って「はたらき」を考えていきます。研究は純粋な基礎研究も楽しいですが、形態学の視点から応用獣医学に貢献できるようにしたいと考えています。
また、組織学を教育するユニットとして、組織学に残された謎も解明したいと思っています。基礎研究、特に形態学に興味のある学生、研究室以外でも一緒に楽しめる学生はとくに歓迎します。気兼ねなくいつでも遊びに来てください。
その他(所属・受賞) 所属学会
日本獣医学会
日本解剖学会
日本顕微鏡学会
結合組織学会

研究データ

氏名 獣医組織解剖学ユニット たけはなかずしげ
竹花一成
教授 学長
研究テーマ 1)結合組織、とくにコラーゲンの多様性と構造解析
2)再生医療へのコラーゲン応用について
3)肝小葉構築における結合組織の動態について
研究実績 下記を参照してください
https://sites.google.com/site/junminaguchi/Home/list
氏名 獣医組織解剖学ユニット みなぐちじゅん
美名口 順
講師
研究テーマ 1)細胞外マトリックス代謝における機能性食品の役割
2)細胞外環境による幹細胞制御機構
3)組織構築における細胞動態
研究実績 下記を参照してください
https://sites.google.com/site/junminaguchi/Home/list

研究室だより

2016年度より新たに博士課程大学院生を1名加え,大学院生2名,6年生6名,5年生5名で活動しています.

写真で見る研究室

獣医組織解剖学ユニット

獣医組織解剖学ユニット

獣医組織解剖学ユニット

獣医組織解剖学ユニット

獣医組織解剖学ユニット

獣医組織解剖学ユニット

修士・卒業論文発表

2015年度卒業論文
動物種差と蝸牛の形態
ブタ浅趾屈筋腱の生後の変化
ウシ浅趾屈筋腱の構造について
アライグマ(Procyon lotor)掌側面における感覚受容の部位差
ブタの肝臓の小葉間結合組織の発達に対する肝星細胞の関与について

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


https://sites.google.com/site/rguvetmicroanatomy/
https://sites.google.com/a/rakuno.ac.jp/veterinaryhistology/

このページのTOPへ戻る