家畜遺伝学

家畜遺伝学 家畜の群れの中には、他の個体よりも乳量や肉質に優れ、病気にかかりにくいなど、優れた形質を持つものが存在します。こうした形質の違いは、多くの場合、個体間のDNAの差異(多型)と関係しています。この研究室ではこうしたDNA多型を指標とし、優れた形質を持つ家畜の選抜や増殖を目指しています。

研究者プロフィール

氏名 家畜遺伝学 あまのともこ
天野朋子
准教授
担当科目 基礎演習 II 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 基礎演習 I 建学原論 肉用家畜学 動物遺伝学 畜産学総論 実験動物学 健土健民入門実習 肉用家畜生産学実習 I 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 肉畜肥育学 循環農学概論 乳用家畜生産学実習Ⅱ 家畜育種・繁殖学実験 実験動物学実習 循環農法とワンヘルスサイエンス
プロフィール 最終学歴:酪農学園大学卒業、北海道大学農学研究科修了
学位:農学博士(北海道大学)
職歴:近畿大学生物理工学部遺伝子工学科(2004年~2014年)
その他(所属・受賞) 準備中

研究データ

氏名 家畜遺伝学 あまのともこ
天野朋子
准教授
研究テーマ ・泌乳や産肉、繁殖、抗病性などの、ウシの生産性に関わるDNA多型の探索とDNAマーカーの開発
・産卵や産肉、抗病性などの、ニワトリの生産性に関わるDNA多型の探索とDNAマーカーの開発
・ウマの行動や気質、体格、繁殖、毛色に関わるDNA多型の探索とDNAマーカーの開発
・マウスなどの実験動物をモデルとした家畜生産性に関わる遺伝子の機能解析 
研究実績 http://rgufd.rakuno.ac.jp/profile/ja.mieZULb8A1LntLwLk.W0xA==.html   を参照

研究室だより

教員の他、3年生8名、4年生7名、特任教授1名が在籍しています。

写真で見る研究室

家畜遺伝学

家畜遺伝学

家畜遺伝学

家畜遺伝学

家畜遺伝学

家畜遺伝学

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る