生物多様性保全研究室

生物多様性保全研究室 豊かな自然環境に恵まれた北海道には、北方系・南方系等の多様な野生生物が生息・生育しています。これらの野生生物は人間社会との様々な軋轢や関係のなかで、今日、シマフクロウのように絶滅の危機にある生物や、エゾシカのように生息数を増大させ生態系に多大な影響を与えている生物もみられます。当研究室では、これらの野生生物等の調査研究(生物学、社会・行政学そして歴史学的なアプローチ)をとおして、本道の適正な生物多様性保全のありようを探求していきます。

研究者プロフィール

氏名 生物多様性保全研究室 あかさかたけし
赤坂猛
教授
担当科目 野生動物保全技術実習 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 野生動物保全行政論 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 狩猟管理技術論 北海道環境学
プロフィール ●出身地等 生れ・福島県鮫川村、育ち・東京都四谷及び府中市 ●最終学歴 東京農工大学大学院(農学研究科・修士) ●職歴 昭和52年北海道庁入庁。主に環境生活部自然環境課や北海道環境科学研究センターにて野生鳥獣の保護管理行政・研究等を担当。平成20年に本学に転職し、現在に至る。
その他(所属・受賞)  ●学会活動 「野生生物と社会」学会  理事・会長 
 ●その他   一般社団法人 鳥獣管理技術協会  理事
         一般社団法人 エゾシカ協会  理事

研究データ

氏名 生物多様性保全研究室 あかさかたけし
赤坂猛
教授
研究テーマ ・石狩地域に生息するエゾシカの生態等に関する研究 ・野生動物(タンチョウ等)と社会の関係史に関する研究 ・野生生物保全行政に関する研究
研究実績 ・ 赤坂 猛 2006  鳥獣行政の歩み  エゾシカの保全と管理―第15章 鳥獣行政の歩み― (梶光一、宇野裕之、宮木雅美 編著) 北海道大学図書刊行会、(191~198).・久井貴世、赤坂 猛 2009 タンチョウと人の関わりの歴史―北海道におけるタンチョウの商品化及び使用実態について― 酪農学園大学紀要 第34巻 第1号、31~50.・ 赤坂 猛 2010 野生動物行政と自然系調査研究機関の整備 議会と自治体 No.149、75-82.・赤坂 猛 2013 明治以降の狩猟と行政・社会 狩猟学(梶光一、伊吾田宏正、鈴木正嗣) 朝倉書店、(11~20).
赤坂 猛 2014 野生生物行政と自然系調査研究機関―「説明責任」への取り組み―野生生物と社会 Vol.1-No.2、3~11.

研究室だより

当研究室では、卒業論文を必修としています。主な研究テーマは、石狩地域のエゾシカの適正な保全に関する研究や野生生物と社会の関わりの歴史に関する研究ですが、学生の自主的なテーマも大歓迎です。なお、「野生生物と社会に関する研究」は、地域に豊かに埋もれ/忘れられつつある野生生物の歴史を発掘し、その適正な保全に資することを目指すものです。野生生物の温故知新の旅で、研究手法は、「歩く・観る・聞く・編む」とシンプル。2年間の研究活動により、いつの間にか「体力や忍耐力」、そして協調性もつきますよ。

写真で見る研究室

生物多様性保全研究室

生物多様性保全研究室

生物多様性保全研究室

生物多様性保全研究室

生物多様性保全研究室

生物多様性保全研究室

修士・卒業論文発表

北広島及びレクリエーションの森におけるエゾシカの生息状況について、野幌森林公園におけるエゾシカの生息状況について、石狩低地帯におけるエゾシカの交通事故の実態及び北広島市における緑の回廊の利用について、札幌市モエレ沼におけるマガモとカルガモの年周行動について、北海道におけるタンチョウと人とのかかわりの歴史、青森県におけるツル類と人との関係史について、北海道における 人とワシタカ類の関わりの歴史、カナダ・アルバータ州と北海道における野生生物管理行政について

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る