狩猟管理学研究室

狩猟管理学研究室 全国的に鳥獣問題が深刻化する中で、エゾシカなど自然資源としての狩猟鳥獣の価値を見直し、日本の「狩猟学」を構築することを目的として、効率的捕獲手法の検討、ハンターの担い手育成プログラムの開発、野生生物の生態調査研究、鳥獣の利活用およびハンターの実態把握などの基礎データ収集を行います。

研究者プロフィール

氏名 狩猟管理学研究室 いごたひろまさ
伊吾田宏正
准教授
担当科目 野生動物保全技術実習 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 基礎演習 II 野生動物観察同定実習 自然環境学実験・実習 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 狩猟管理技術論 環境共生学概論 海外野生動物学 食の安全・安心の科学 野生動物保全と人間事象
プロフィール プロフィール
出身地:神奈川県横浜市
出身大学:横浜市立大学卒業、東京大学大学院生命環境科学研究科修士課程修了、北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。エゾシカの季節移動に関する研究で博士(農学)取得。
略歴:NPO法人西興部村猟区管理協会研究員兼事務局長、本学生命環境学科助手、助教を経て、現職。
その他(所属・受賞) (委員会)エゾシカ保護管理検討会委員、渡島半島地域ヒグマ保護管理計画見直し検討会委員
(所属学会)日本哺乳類学会、野生生物保護学会、日本生態学会、地域環境学ネットワーク
(その他)社団法人エゾシカ協会理事

研究データ

氏名 狩猟管理学研究室 いごたひろまさ
伊吾田宏正
准教授
研究テーマ 研究テーマ:有蹄類の生態と管理、狩猟鳥獣の生態、狩猟者の動向、狩猟管理システム、狩猟者育成、狩猟鳥獣の利活用
研究実績 ●D. HAYAKAWA, M. SASAKI, M. SUZUKI, T. TSUBOTA, H. IGOTA, K. KAJI and N. KITAMURA (2010) Immunohistochemical localization of steroidogenic enzymes in the testis of the sika deer (Cervus nippon) during developmental and seasonal changes. Journal of Reproduction and Development56:117-123
●D. Hayakawa, M. Sasaki, M. Suzuki, H. Igota, N. Kitamura(2009)Classification of the seminiferous epithelial cycle in the sika deer (Cervus nippon). Mammal Study 34: 41-45
●H. Igota, M. Suzuki(2009)Community-based Wildlife management: A case study of sika deer in Japan. Human Dimensions of Wildlife 13: 416-428
●H. Igota, M. Sakuragi, H. Uno(2009)Seasonal migration of sika deer on Hokkaido Island, Japan: Sika deer: biology and management of native and introduced populations. (McCullough ら編), 251-272, Springer
●伊吾田 宏正,鈴木 透,金子 正美,星野仏方,吉田剛司(2008)Zigbeeを用いた野生動物農業被害防除システムの検討.地理情報システム学会講演論文集17: 439-442
●上田剛平・深澤敦子・神崎信夫・伊吾田宏正・鈴木正嗣(2007)西興部村猟区利用者の実態とその意識.共生社会システム研究1:220-233
●伊吾田宏正(2005)ガイド付きハンティングによるエゾシカ地域管理:共生をめざした鳥獣害対策(農林水産技術情報協会編)77-81, 全国農業会議所
●伊吾田宏正(2005)猟区経営におけるシカ管理, 森林組合.420: 20-23
●H. Igota, M. Sakuragi, H. Uno, K. Kaji・M. Kaneko, R. Akamatsu, K. Maekawa(2004)Seasonal migration patterns of female sika deer in eastern Hokkaido, Japan. Ecological Research 19: 169-178
●M. Sakuragi, H. Igota, H. Uno, K. Kaji・M. Kaneko, R. Akamatsu, K. Maekawa(2004)Female sika deer fidelity to migration route and seasonal ranges in eastern Hokkaido, Japan. Mammal Study 29: 113-118
●M. Sakuragi, H. Igota, H. Uno, K. Kaji・M. Kaneko, R. Akamatsu, K. Maekawa(2003)Seasonal habitat selection of an expanding sika deer population in eastern Hokkaido, Japan. Wildlife Biology 9: 141-153
●M. Sakuragi, H. Igota, H. Uno, K. Kaji・M. Kaneko, R. Akamatsu, K. Maekawa(2003)Benefit of migration in a female sika deer population in eastern Hokkaido, Japan. Ecological Research 18: 347-354
●M. Sakuragi, H. Igota, H. Uno, K. Kaji・M. Kaneko, R. Akamatsu, K. Maekawa(2002)Comparison of diurnal and 24-hour sampling of habitat use by female sika deer. Mammal Study 27: 101-105
●伊吾田宏正・早稲田宏一・櫻木まゆみ ら(2002)GPS首輪の評価とエゾシカへの適用.哺乳類科学 42,113-121

研究室だより

2010年新設、国内唯一の本研究室では、西興部村猟区等と連携し、生態系管理の重要な要素としての狩猟の価値を見直し、その生態学的社会的価値を追求していきます。また、チベット高原の有蹄類などの調査研究も進めています。
大学公式サイトのNEWS
http://www.rakuno.ac.jp/news/201005/news13.html

写真で見る研究室

狩猟管理学研究室

狩猟管理学研究室

狩猟管理学研究室

狩猟管理学研究室

狩猟管理学研究室

狩猟管理学研究室

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://igothgml.wix.com/game-management-lab

このページのTOPへ戻る