野生動物保護管理学研究室

野生動物保護管理学研究室 絶滅危惧種・希少種の保全と保護、大型哺乳類の保護管理、外来生物の対策などについて、幅広い分野を研究の対象としています。野生動物の研究では、フィー ルド調査を充実させつつ、環境と調和できる社会作りも必要です。研究室では、特に日本の野生動物の多様性を維持するために、様々な観点で生態系を保全する仕組みを考えていきます。

研究者プロフィール

氏名 野生動物保護管理学研究室 よしだつよし
吉田剛司
教授・環境共生学類長
担当科目 環境共生学外実習 全学専門基礎特別演習 野生動物保全技術実習 外来生物対策論 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ ビオトープ論 基礎演習 II 野生動物観察同定実習 自然環境学実験・実習 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 環境共生学概論 海外野生動物学 野生動物学の基礎 人と動物の関係の科学
プロフィール 出身地:
大阪府羽曳野市

出身大学:
University of Wisconsin-Stevens Point, College of Natural Resources 卒業
University of Illinois at Urbana-Champaign, Graduate School of Agriculture, Consumer, and Environmental Sciences 修了
京都府立大学大学院農学研究科博士後期課程修了 博士(農学)

略歴:
日本学術振興会特別研究員
財団法人 自然環境研究センター 研究員
その他(所属・受賞) ○日本哺乳類学会(保護管理専門委員・国際交流担当委員)
○景観生態学会(和文誌編集委員)、応用動物行動学会(評議員)
○アメリカ野生動物学会(The Wildlife Society)
○日本生態学会
○日本森林学会、
○地理情報システム学会、森林計画学会
○北海道環境審議会自然環境専門委員
○北海道外来種対策検討会委員
○占冠村エゾシカ対策協議会委員
○洞爺湖生物多様性協議会委員
○(財)札幌市公園緑化教会 公園マネジメント評価委員

研究データ

氏名 野生動物保護管理学研究室 よしだつよし
吉田剛司
教授・環境共生学類長
研究テーマ ○大型哺乳類の生息地保全と管理手法に関する研究
○国内外における外来生物の対策と防除に関する研究
○GISやGPSを用いた野生動物の調査
○生息地保全と生物多様性保全のための指標作成
研究実績 ○吉田剛司(2011)自然資源としての野生動物をどうとらえるか,哺乳類科学,50:109-11.
○小荒井衛・乙井康成・中埜貴元・佐藤浩・吉田剛司・山下亜紀郎・長澤良太・日置佳之(2011) 知床半島と中国山地の景観生態学図, 地図,49(4):7-10.
○義久侑平・更科美帆・吉田剛司(2011)北海道に定着した国内外来種トノサマガエル(Rana nigromaculata)の胃内容物から検出されたゲンゴロウ(Cybister japonicus)について, 爬虫両生類学会報,2011(2):112-114.
○寺尾愛也・吉田剛司(2011) Urban Deerの出現にともなう都市交通問題におけるパラダイムシフト, 野生動物と交通,10:57-62.
○吉田剛司(2010)森の危険な生物たち‐日本に未定着な外来生物‐, 森林科学,58:32-35.
○加納光樹・古畑芳昌・堀内洋・吉田剛司(2007)カルタヘナ法の規制対象となる遺伝子組換え観賞魚,魚類学雑誌,54:248-250.
○吉田剛司・笹川裕史・山根正伸 (2007) 神奈川県丹沢大山地域での生態系管理の取り組み,pp172-191,GISと地域の森林管理(松村直人 編著),林業改良普及双書 156.
○加納光樹・吉田剛司・井上隆・瀬尾宏・細谷和海・多紀保彦(2006)諸外国で輸入が禁止されている侵略的外来魚類, 生物科学, 57:223-232.
○小荒井衛・長谷川裕之・杉村尚・吉田剛司 (2006) 国土変換アーカイブを活用した多摩丘陵での植生遷移の把握,地理情報システム学会学術講演論文集,15 361-399.
○Yoshida, T. and Tanaka, K. (2005) Land-use diversity index: a new means of detecting diversity at landscape level, Landscape and Ecological Engineering, 1(2):201-206.
○戸田光彦・吉田剛司 (2005) 爬虫類・両生類における外来種問題,日本爬虫両棲類学会報,2005(1): 139-149.
○Yoshida,T. Yamaguchi, K. and Kaneko, M. (2002) Hokkaido Gap Analysis Program, Gap Analysis Bulletin, 11:95-97.
○Yoshida, T. and Tanaka, K. (2001) Forest landscape biodiversity measurements by land use diversity index, Journal of Forest Planning, 7(2):95-102.
○Yoshida, T. and Tanaka, K. (2000) Conceptual design of a GIS-based wildlife management,Theory and Applications of GIS, 8(1):121-128.
○Yoshida, T., Morita, T., Nagase, K., and Tanaka, K. (2000) Predicting forest understory vegetation types for wildlife management, Journal of Forest Planning, 6(1):1-11.

研究室だより

これまで南は石垣島、北は北海道の稚内、地球の反対のブラジルまで、様々な場所からゼミに配属された学部生、大学院生が活躍してきました。常に大所帯ですが、北海道と日本、それに海外の野生動物の保護管理を推進すべく、暑さ寒さを気にせずフィールド調査を中心に元気に走り回っています。対象とする生き物は、小さな昆虫から大型哺乳類まで。興味を持てば、なんでも挑戦しています。

写真で見る研究室

野生動物保護管理学研究室

野生動物保護管理学研究室

野生動物保護管理学研究室

野生動物保護管理学研究室

野生動物保護管理学研究室

野生動物保護管理学研究室

修士・卒業論文発表

2011年度
修士論文
・夕張岳の亜高山帯及び高山帯に進出したエゾシカによる植生被害の傾向と生息実態の把握 
・アライグマ(Procyon lotor)低密度地域における防除の現状と今後の課題‐北海道洞爺湖町における事例‐
・洞爺湖における特定外来生物ウチダザリガニ(Pacifastacus leniusculus)の防除効果の検証 
・森林内に侵入した特定外来生物オオハンゴンソウ(Rudbeckia laciniata)の生育特性と在来植物への影響 
・エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)高密度地域 洞爺湖中島における糞虫群集の多様性と季節消長
卒業論文
・西興部村における昆虫相の把握と目録の作成‐ 宮の森の地表性昆虫を中心とした昆虫相 ‐
・なぜ帯広の森はトラフズク (Asio otus) の繁殖地となりえたのか‐ 餌資源からのアプローチ ‐
・国内外来種アズマヒキガエル(Bufo japonicus formosus) の在来生物群集に与える影響
・小学校における外来種教育と効果的な教育普及の検討‐アメリカザリガニ (Procambarus clarkii) の人為的導入の抑止に向けて ‐ 
・マレーシア国BatuPuteh地域における草の根型エコツーリズムの改善‐ 自然観察ガイドの改善を目的としたガイドブックの必要性 ‐
・野生復帰による希少猛禽類の保護管理を目指して‐ 円山動物園と連携した野生復帰後のモニタリング手法の検討‐ 
・給餌場を利用するニホンジカ(Cervus nippon)の移動把握‐ 貝殻による餌マーキング調査の有効性の検討‐ 
・森林施業地で効率的にエゾシカ(Cervus nippon yesoensis) を誘引できるか‐ 道有林釧路管理区内厚岸町・浜中町の事例 ‐
・高山地帯におけるエゾシカ (Cervus nippon yesoensis)の食害の実態‐ 樽前山に生息するエゾシカは植生に被害をもたらすか‐
2010年度
修士論文
・エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)解体処理施設の適正配置に関する考察
・野幌森林公園におけるマルハナバチ亜科の種構成と訪花選択性の季節変動‐特にセイヨウオオマルハナバチ(Bombus terrestris)の定着状況に着目して‐ 
・洞爺湖中島における高密度化したエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の生体捕獲とモニタリングの効率性向上にむけて
・知床岬における航空レーザー測量を利用した生態系長期モニタリングのための基礎データ整備
・エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)高密度地域における地表性昆虫の多様性に関する考察
・北海道におけるオオセンチコガネ(Phelotrupes auratus)の分布と生息適地モデルによる制限要因の推定
卒業論文
・西興部宮の森におけるため池ビオトープ整備がヤチウグイ(Phoxinus percnurus sachalinensis)に与える影響評価のための事前基礎調査
・札幌市近郊に定着した国内外来種トノサマガエル(Rana nigromaculata)の捕食による湿地生態系への影響
・ニホンザリガニ(Cambaroides japonicus)の生息状況と河床間隙水位の関連性についての追究
・札幌市及び石狩市におけるアメリカザリガニ(Procambarus clarkii)の分布状況の把握
・北海道におけるアメリカザリガニ(Procambarus clarkii)の越冬要因の推定-札幌市茨戸川支流の調査事例より- 
・海外のUrban Deerによる問題と対策に基づく札幌都市域のエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)管理手法の検討)
・エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の保護管理に向けた電気柵応用手法の模索
・円山動物園と連携した猛禽類野生復帰に関する基礎情報の集約
・小中学生とその保護者を対象とした自然体験型環境教育への意識の考察
・洞爺湖中島におけるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の高密度状態が両生類へ与える影響について
・エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の高密度化がヤブサメ(Urosphena squameiceps)の繁殖に与える影響の可能性

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://rgu-wildlife.info/

このページのTOPへ戻る