水質化学研究室

水質化学研究室 北海道内外の河川や湖沼を対象にした水質調査を行い、様々な人為的活動の影響や自然環境における物質循環過程の解明を目的に研 究を進めています。また、関連する水質測定方法や汚染物質の浄化技術の新規開発についても研究を展開し、総合的な水質管理の実施について考察しています。

研究者プロフィール

氏名 水質化学研究室 なかたにのぶたけ
中谷暢丈
准教授
担当科目 環境共生学外実習 生態環境総合実習 水圏フィールド実習 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 水圏環境化学 化学実験 基礎演習 I 無機化学 自然環境学実験・実習 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 自然資源計測学実験 環境共生学概論 化学
プロフィール 出身地:広島県山県郡北広島町
出身高校:広島県新庄高等学校
出身大学:愛媛大学農学部生物資源学科
略歴:愛媛大学大学院農学研究科修士課程修了後、中外テクノス株式会社関西環境技術センターに勤務。科学技術振興事業団の技術員として出向した後、退社。広島大学大学院生物圏科学研究科博士課程後期へ進学。博士(学術)取得後、同大学大学院生物圏科学研究科研究生、特別研究員、教務補佐員、同大学大学院広島大学大学院国際協力研究科研究員を経て、2009年 4月より本大学に奉職。"
その他(所属・受賞) <所属学会>
日本化学会、日本分析化学会、日本水環境学会、日本環境化学会、環境科学会、大気環境学会、日本陸水学会
<受賞>
イオンクロマトグラフィー奨励賞(2011年11月)

研究データ

氏名 水質化学研究室 なかたにのぶたけ
中谷暢丈
准教授
研究テーマ ・水文・水質観測に基づく水圏環境における物質循環過程の解明
・人為的環境汚染に関するモニタリング調査
・化学的手法による新規水質分析方法の開発
研究実績 <2016年>
1.Kozaki, D., Rahim, M.H.A., Ishak, W.M.F.W., Yusoff, M.M., Mori, M., Nakatani, N., & Tanaka, T. (2016) Assessment of the river water pollution levels in Kuantan, Malaysia, using ion-exclusion chromatographic data, water quality indices, and land usage patterns. Air, Soil and Water Research 9: 1-11.

2.Mori, M., Sagara, K., Arai, K., Nakatani, N., Ohira, S., Toda, K., Itabashi, H., Kozaki, D., Sugo, Y., Watanabe, S., Ishioka, N.S. & Tanaka, K. (2016) Simultaneous analysis of silicon and boron dissolved in water by combination of electrodialytic salt removal and ion-exclusion chromatography with corona charged aerosol detection. Journal of Chromatography A 1431: 131-137.

<2015年>
3.Mori, M., Masuno, T., Kozaki, D., Nakatani, N., Tanaka, T. & Itabashi, H. (2015) Cations on Ion Chromatography by Phosphate-Coated Zirconia Stationary Phase Column. Acta Chromatographica 27: 767-773.
<2014年>
4. 中谷暢丈, 音道まりん, 吉田磨, 牛山克己. (2014) 北海道宮島沼における水質汚濁の現状と渡り鳥由来のリン負荷量の推定. 湿地研究 5: 15-23.
5. 吉田磨, 吉田浩平, 中谷暢丈, 牛山克己. (2014) 宮島沼周辺の早期湛水水田における温室効果ガスの挙動. 湿地研究 5: 25-33.
6. Kozaki, D., Ozaki, T., Nakatani, N., Mori, M. & Tanaka, K. (2014) Utilization of ion-exclusion chromatography fo water quality monitoring in a suburban river in Jakarta, Indonesia. Water 6: 1945-1960.
7. Takeda, K., Katoh, S., Mitsui, Y., Nakano, S., Nakatani, N. & Sakugawa, H. (2014) Spatial distributions of and diural variations in low molecular weight carbonyl compounds in coastal seawater, and the controlling factors. Science of The Total Environment 493: 454-462.
8. Makita, K., Inoshita, K., Kayano, T., Uenoyama, K., Hagiwara, K., Asakawa, M., Ogawa, K., Kawamura, S., Noda, J., Sera, K., Sasaki, H., Nakatani, N., Higuchi, H., Ishikawa, N., Iwano, H. & Tamura, Y. (2014) Temporal changes in environmental health risks and socio-psychological status in areas affected by the 2011 Tsunami in Ishinomaki, Japan. Environment and Pollution 3: 1-20.

<2013年>
9. Kozaki, D., Mori, M., Nakatani, N., Arai, K., Masuno, T., Koseki, M., Itabashi, H., & Tanaka, K. (2013) Indirect UV detection-ion-exclusion/cation-exchange chromatography of common inorganic ions with sulfosalicylic acid eluent. Analytical Sciences 29: 121-126.

<2012年>
10. Arai, K., Mori, M., Kozaki, D., Nakatani, N., Itabashi, H., & Tanaka, K. (2012) Utilization of a diol-stationary phase column in ion chromatographic separation of inorganic anions. Journal of Chromatography A 1270: 147-152.
11. Nakatani, N., Kozaki, D., Mori, M. & Tanaka, K. (2012) Recent progress and applications of ion-exclusion/ion-exchange chromatography for simultaneous determination of inorganic anions and cations. Analytical Sciences 845-852.
12. Kozaki, K., Nakatani, N., Mori, M., Nakagoshi, N. & Tanaka, K. (2012) Water quality monitoring system for determination of ionic nutrients by ion-exclusion chromatography with spectrophotometric detection on cation- and anion-exchange resin column using water eluent. Chinese Journal of Chromatography 30: 721-727.
13. Nakatani, N., Kozaki, D. & Tanaka, K. (2012) Application of simultaneous determination of inorganic ionic species by advanced ion chromatgraphy for water quality monitoring of river water and wastewater. Chinese Journal of Chromatography 30: 365-368.
14. Kozaki, D., Shi, C.-H., Tanaka, K. & Nakatani, N. (2012) Enhanced conductivity detection of common inorganic anions in electrostatic ion chromatography using water eluent. Chinese Journal of Chromatography 30: 361-364.
15. Mori, M., Hironaga, T., Itanashi, H., Nakatani, N., Kozaki, D. & Tanaka, K. (2012) Simultaneous determination of NH4+, NO2- and NO3- by ion-exclusion/anion-exchange chromatography on a strongly basic anion-exchange resin with basic eluent. Chinese Journal of Chromatography 30: 356-360.
16. Chiwa, M., Matsuda, T., Nakatani, N., Kobayashi, T., Kume, A. & Sakugawa, H. (2012) Effects of canopy N uptake on foliar CO2 assimilation rates and biomass production and allocation in Japanese red pine seedlings. Canadian Journal of Forest Research 42: 1395-1403.

研究室だより

他の研究室の学生さんも来る、明るくにぎやかな研究室です。気軽に訪ねてきてみてください。

写真で見る研究室

水質化学研究室

水質化学研究室

水質化学研究室

水質化学研究室

水質化学研究室

水質化学研究室

修士・卒業論文発表

<2015年度卒業論文>
・宮島沼内におけるリン循環と収支の解析
・モール温泉水に含まれる腐植物質の特徴と皮膚への影響
・幾春別川における流下有機物の供給形態に及ぼすダムと支流合流の影響
・宮島沼を題材とした環境教育プログラムの立案と効果の検証
・宮島沼における窒素化合物の動態及び起源推定
・宮島沼に対するリン負荷の内訳
・幾春別川流域の付着珪藻類に及ぼす出水の影響
・下水処理過程におけるEDTA挙動

【2015年度修士論文】
・水田水管理から見た圃場 排水路への物質の流出解析

<2014年度卒業論文>
・宮島沼における栄養塩と植物プランクトン種構成との関係性の探求
・夕張シューパロダム湖の水質分布からみた選択取水方法への提言
・キナバタンガン川流域における水質汚染の現状
・宮島沼の堆積物におけるリンの動態
・洞爺湖における過塩素酸汚染とウチダザリガニ及び水生植物への濃縮評価
・夕張川流域の底生動物群集に及ぼすダムの影響評価

<2013年度卒業論文>
・家畜排せつ物法施行による道東河川の水質改善効果の検証
・底生生物を指標とした当別ダムの河川環境への影響評価
・芳香族有機酸を溶離液に用いた陰及び陽イオン類の同時分離測定法の確立
・北海道産農作物における過塩素酸汚染の実態調査
・荷電化粒子検出/イオン排除クロマトグラフ法を用いた弱酸性無機イオン類の同時分離定量
・宮島沼底質の植物生育肥料としての有用性に関する検討
・GISを用いた水質決定要因の解明~西興部村興部川を例に~

【2013年度修士論文】
・ボルネオ島キナバタンガン川流域における水質汚染の現状と原因に関する研究

<2012年度卒業論文>
・十勝川の水質及び底生生物に及ぼすダムの影響
・荷電化粒子検出器を用いたイオンクロマトグラフィーによる水中溶存ケイ素の定量
・ウミネコが飛来する八戸市蕪島及び周辺水域における栄養塩の動態解明
・多孔性グラファイトカーボンカラムを用いたイオンクロマトグラフィーによる無機イオン類の定量法の確立
・世田豊平川底質における重金属汚染の現状と汚染原因の特定

【2012年度修士論文】
・洞爺湖における過塩素酸の分布と動態解析
・宮島沼の栄養塩収支からみた富栄養化に及ぼす要因解析
・硝酸態窒素に汚染された湧水群における無機態窒素の動態と水質特性の解析
・粒径分布と存在形態分析による世田豊平川底質中重金属の流動性と溶出特性の評価

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://www.seimeikankyo.jp/water/index.html
http://blog.livedoor.jp/seimeiwater/
https://www.facebook.com/water.rakuno/

このページのTOPへ戻る