環境空間情報学研究室

環境空間情報学研究室 GIS(地理情報システム)・RS(リモートセンシング)技術などを用いた空間情報の解析、活用技術の開発と評価に取り組んでいます。地球観測衛星から送られてくる画像、高性能カメラを搭載し上空100mを飛行できる超小型飛行ロボットによる航空写真からさまざまな画像処理により情報を抽出して、農地・自然環境の広域のモニタリング、野生動物の生態の解析から、防災、災害対策等における状況認識、情報共有手法の開発などを行っており、研究分野は多岐にわたります。

研究者プロフィール

氏名 環境空間情報学研究室 おがわけんた
小川健太
准教授
担当科目 環境共生学外実習 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 生態環境総合演習 流域環境学 GIS・リモートセンシングによる空間情報の科学 基礎演習 II 自然環境学実験・実習 全学専門基礎特別演習 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 環境変動と自然生態系 リモートセンシング基礎演習
プロフィール 学歴:(1994年3月)早稲田大学教育学部理学科地学専修卒、(1996年3月)東京大学 大学院工学系研究科 地球システム工学専攻 修士課程修了、(2003年10月~2006年3月)東京大学 大学院工学系研究科 地球システム工学専攻 博士課程、(2006年3月)学位授与:博士(工学)

職歴:(1996年4月~2008年3月)株式会社日立製作所、(2001年10月~2003年10月)Visiting Scientist (客員研究員), Hydrology and Remote Sensing Laboratory, Department of Agriculture, United States (米国農務省水文学リモートセンシング研究所)、(2008年4月~2009年3月)北海道大学 女性研究者支援室 特任准教授 、(2009年4月~2011年3月)酪農学園大学 エクステンションセンター 特任准教授、(2011年4月~)現職。
その他(所属・受賞) 学会:日本リモートセンシング学会(1994~)、日本写真測量学会(2006~)

研究データ

氏名 環境空間情報学研究室 おがわけんた
小川健太
准教授
研究テーマ 地球観測衛星による農業・環境の広域のモニタリング手法の開発と評価 空間情報技術を活用した野生動物の生態や地域環境の解析 空間情報を活用した防災、災害対策等における状況認識、情報共有手法の開発
研究実績 【著書】

1.金子正美、小川健太、「Ⅶ-1オホーツク海及び沿岸陸域の生態系並びに生物多様性保全のための統一データベース作成について」、「Ⅷ-10オホーツク生態系保全のための地理情報システムの活用について」、オホーツクの生態系とその保全、桜井泰憲・大島慶一郎・大泰司紀之編著、北海道大学出版会、ISBN 978-4-8329-8208-6、2013年2月28日発行.
2.小川 健太、森 大、「4.3 無人飛行体(UAV)を用いた農地の低高度空中調査システム」、地理空間情報の技術商品から知る問題発見・解決のコツ、村井俊治監修、社団法人日本測量協会、ISBN 978-4-88941-063-1、2012年6月9日発行.
3.Hoshino, B., M. Kaneko, K. Ogawa, Correction of NDVI calculated from ASTER L1B and ASTER(AST07) data based on ground measurement, Chapter 3 of Advances in Geoscience and Remote Sensing, Edited by Gary Jedlovec, Published by In-Tech, Vukovar, Croatia, ISBN 978-953-307-005-6, 2009.
4.Jacob, F., Schmugge, T., Olioso, A., French, A., Courault, D., Ogawa, K., Petitcolin, F., Chehbouni, G., Pinheiro, A., Privette, J., Potential of thermal infrared remote sensing for the monitoring of land surface processes, Chapter 10 of Advance in Land Remote Sensing, System, Modeling, Inversion and Application, Edited by Liang, S., Published by Springer, ISBN: 978-1-4020-6449-4,Jan. 2008.

【原著論文】

1.森本淳子、濱本菜央、小南遼、三島啓雄、小川健太、香川県直島のシダ植物群生地における林野火災リスク評価、日本緑化工学会誌特集号、第40巻1号・2014、日本緑化工学会、2014年8月発行.
2.Kohei Makita, Kazuto Inoshita, Taishi Kayano, Kei Uenoyama, Katsuro Hagiwara, Mitsuhiko Asakawa, Kenta Ogawa, Shin’ya Kawamura, Jun Noda, Koichiro Sera, Hitoshi Sasaki, Nobutake Nakatani, Hidetoshi Higuchi, Naohito Ishikawa,Hidetomo Iwano, Yutaka Tamura, Temporal dynamics in environmental health risks and socio-psychological status in areas affected by the 2011 tsunami in Ishinomaki, Japan, Environment and Pollution, 3(1), 1-20, 2014.
 1.ISSN 1927-0909, E-ISSN 1927-0917, Published by Canadian Center of Science and Education, doi:10.5539/ep.v3n1p1, October 22, 2013.
3.Kenta Ogawa, T. Schmugge, and S. Rokugawa, Estimating broadband emissivity of arid regions and its seasonal variations using thermal infrared remote sensing, Trans. on Geoscience and Remote Sens., 46(2), 334-343, 2008.
4.A.N. French, T.J. Schmugge, J.C. Ritchie, A. Hsu, F. Jacob, and K. Ogawa, Detecting land cover change at the Jornada experimental range, New Mexico with ASTER emissivities, Remote Sens. of Environ., 112, 1730?1748, 2008.
5.Kenta Ogawa and T. Schmugge, Mapping of broadband emissivity (8-13.5 μm) using ASTER and MODIS data, Earth Interactions, 8, Paper 7, doi: 10.1175/1087-3562, 2004.
6.F. Jacob, F. Petitcolin, T. Schmugge, E. Vermote, A. French, and Kenta Ogawa, Comparison of land surface emissivity and radiometric temperature derived from MODIS and ASTER sensors, Remote Sens. Environ., 90, 137?152, 2004.
7.L. Zhou, R.E. Dickinson, Y. Tian, M. Jin, K. Ogawa, H. Yu H., and T. Schmugge, A sensitivity study of climate and energy balance simulations with use of satellite derived emissivity data over Northern Africa and the Arabian Peninsula, J. Geophys. Res. Atmosphere, 108 (D24), 4795, doi:10.1029/2003JD004083, 2003.

【国際学会発表】

1.K. Ogawa, K. Nishiwaki, Y. Konno, T. Matsunaga, S. Yamamoto, O. Kashimura, et al., "Observation planning algorithm of a Japanese spaceborne sensor: Hyperspectral Imager Suite (HISUI)," SPIE Remote Sensing 2014, pp. 92410V-92410V-6.,Amsterdam, Sep 21-26, 2014.

2.K. Ogawa, T. Matsunaga, S. Yamamoto, O. Kashimura, T. Tachikawa, S. Tsuchida, et al., "Effective observation planning and its simulation of a Japanese spaceborne sensor: Hyperspectral imager suite (HISUI)," IGARSS2014 at Quebec, July 14-16, 2014.pp. 1979-1982.

3.Kenta Ogawa,Tsuneo Matsunaga,Satoru Yamamoto,Osamu Kashimura,Tetsushi Tachikawa,Satoshi Tsuchida,Jun Tanii,Shuichi Rokugawa, Observation Planning Strategy and its Simulation of a Japanese Spaceborne Sensor:Hyperspectral Imager Suite (HISUI), IGARSS 2013 at Melbourne, July 21-26, 2013.
 2013 IGARSS Proceeding, 4411-4414, 2013.

4.K. Ogawa, M. Takenaka, T. Matsunaga, S. Yamamoto, O. Kashimura, T. Tachikawa, S. Tsuchida, J. Tanii, S. Rokugawa, Observation planning strategy of a Japanese spaceborne sensor: hyperspectral imager suite (HISUI), SPIE Remote Sensing 2012, 8527-35, Kyoto International Conference Center, October 29 - November 1, 2012.
 SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2012 Proceedings of SPIE on CD-ROM, Volumes. 8523-8529, 8527-35, 2012.

5.Kenta Ogawa, Tsuneo Matsunaga, Satoru Yamamoto, Osamu Kashimura, Tetsushi Tachikawa, Satoshi Tsuchida, Jun Tanii, Shuichi Rokugawa, Usage of cloud climate date in operation mission plan simulation for Japanese future hyperspectral and multispectral senor: HISUI, IGARSS 2012 at Munich, July 22-27, 2012.
 2012 IGARSS Proceeding, 1111-1115, 2012.(査読あり学会発表論文集)

6.Tsuneo Matsunaga, Satoru Yamamoto, Soushi Kato, Osamu Kashimura, Tetsushi Tachikawa, Kenta Ogawa, Akira Iwasaki, Satoshi Tsuchida, Nagamitsu Ohgi, Shuichi Rokugawa, Simulation of operation of future Japanese spaceborne hyperspectral imager: HISUI, SPIE Remote Sensing 2011, 8181-09, Clarion Congress Hotel Prague, Prague, Czech Republic, September 19-22, 2011.
 Proceedings Vol. 8181, Earth Resources and Environmental Remote Sensing/GIS Applications II, Ulrich Michel; Daniel L. Civco, Editors, 818109, Date: 26 October 2011, DOI: 10.1117/12.898376.

7.Kenta Ogawa, Tsuneo Matsunaga, Satoru Yamamoto, Osamu Kashimura, Tetsushi Tachikawa, Akira Iwasaki, Satoshi Tsuchida, Nagamitsu Ohgi, Short term operation planning for Japanese future hyperspectral and multispectral senor: HISUI, SPIE Remote Sensing 2011, 8176-75, Clarion Congress Hotel Prague, Prague, Czech Republic, September 19-22, 2011.

8.T. Schmugge, K. Ogawa, and P. D. Rosnay, Satellite observations of the land surface emissivity in the 8?12 μm window: effect of soil moisture, Remote Sensing for Environmental Monitoring and Change Detection, Proceedings of Symposium HS3007 at IUGG2007, Perugia, July 2007. IAHS Publ. 316, 2007. (査読あり学会発表論文集)

【研究費等】

2015年度、公益財団法人北海道農業公社、受託研究、「GIS、リモートセンシング(以下R/S)、ICTを用いた農用地開発整備業務の効率化手法の開発」
2014年度、総務省平成25年度補正予算G空間シティ構築事業「高精度測位やビックデータを活用したネットワークロボットに関する地域利活用モデル実証事業」
2012年?2014年度(予定)、消防防災科学技術研究推進制度「ハイブリッド通信によるロバストな双方向情報伝達システムの開発」
2012年度、江別市、平成24年度江別市大学連携調査研究事業補助金、「大規模災害対応のためのハイブリッド通信システムの研究・開発」
2012年度~2015年度(予定)、科学技術研究費補助金 基盤研究(C)、「放置リスク評価に基づく里山林・人工林からの撤退シナリオ」(分担者)
2011年度、江別市、平成23年度江別市大学連携調査研究事業補助金、「江別市における緊急地図作成チーム確立に向けた空間情報活用に関する研究」
2011年度、酪農学園大学 環境システム学部 国際航業株式会社連携講座「空間情報応用学」
2010年度、経済産業省「アジア産業基盤強化等事業(カザフスタンにおける衛星利用システム等の構築に向けた調査)」(再委託)
2010年度?2011年度(計5年間の予定)、経済産業省、事業名:次世代地球観測衛星利用基盤技術の研究開発、課題名:ハイパースペクトルセンサ等の有効活用に向けたセンサ運用に関する研究(再委託)
2009年度~2011年度、科学技術研究費補助金 基盤研究(C)、「里山の再構築をめざした人と野生動物の軋轢リスク評価」(分担者) https://sites.google.com/site/atsurekirisk/

研究室だより

衛星や航空機を使ったリモートセンシング技術を使って農地や牧草地のモニタリングすることにより、農作物の生育状況把握や作付け・栽培履歴の管理、草地の整備・更新の判断、放牧牛の行動管理など農産物生産の効率化が実現できます。また、地理情報技術(GIS)を使って、野生動物の生態の解析、防災マップの作成など社会のさまざまな課題の解決に貢献することを目指します。

写真で見る研究室

環境空間情報学研究室

環境空間情報学研究室

環境空間情報学研究室

環境空間情報学研究室

環境空間情報学研究室

環境空間情報学研究室

修士・卒業論文発表

〔2011年度〕

・大規模災害発生時の共通状況認識のためのGISを用いた情報の収集とGISを用いた状況図とその有効性の検証
・無人飛行ロボットを用いた牧草地管理の可能性
・牧草地の地形データを活用した起伏の修正及びその効果について                                                                      ・衛星画像を用いたカザフスタン・イリ川における農地利用状況のモニタリング
・衛星搭載センサによる情報集効率の向上のためのMODIS雲データによる全球晴天率の調査
・酪農学園大学内におけるヘビの生態調査
・砂川地区を対象とした観光による地域振興策について
・英語と日本語の違いが与える景観に関する意識への影響

〔2012年度〕                                

・災害時の情報収集と情報集約におけるGISの活用について
・MODIS雲データによる全球晴天率マップの精度評価について
・航空写真を用いた風倒木のマッピング

〔2013年度〕

・無人飛行ロボットにより取得された画像の解析に関する研究
・MODIS雲データによる全球晴天率マップを用いた月別晴天率の算出とその年間変動に関する研究
・立体視を用いた大型台風による風倒被害調査
・地理情報の視覚化における表現方法の配慮について
・災害対応におけるGIS/GPSの活用について

〔2014年度〕

・災害時における地理情報システムの活用について
・空中写真の立体視による台風風倒地の特定
・無人飛行機(UAV)を用いた農地モニタリング
・MODIS雲データによる全球月別晴天の算出とそれを利用した観測プランに関する研究
・地理情報システム(GIS)を用いた消火栓適正配置
・UAVを用いた3次元モデルの作成とデントコーンの生育調査における有効活用について

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://sites.google.com/site/kentaogawa/

このページのTOPへ戻る