発生生物学研究室

発生生物学研究室 「生きものがどのような一生を送り、どのように次世代に命をつないでいくか」、「その生きものが生息する環境要因との関係性」、「これまでその生物がたどってきただろうと思われる歴史的な過程」の理解は、生物の保全に欠かせないことです。 生物多様性保全という大きな目標のもと、個別の生物種に焦点をあて、様々な固有の現象について、遺伝情報から環境要因との関連性まで広範囲にわたるアプローチから新たなものを見出し、さらにそのしくみを探ります。野外では意外と見えない昆虫類をはじめとする無脊椎動物、脊椎動物では魚類や両生類など、地域に生息する各動物たちの発生や繁殖を追いかけ、実験室ではそれらのしくみを調べています。「生物種の一つ一つの特徴を解明していくこと」が発生生物学研究室の大きなテーマです。

研究者プロフィール

氏名 発生生物学研究室 やましきなおこ
山舗直子
教授
担当科目 野生動物保全技術実習 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 生物学実験 生物学 保全生物学 野生動物観察同定実習 基礎演習 I 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 環境共生学概論 野生動物保全と環境汚染
プロフィール 三重県鈴鹿市出身。北海道大学理学部動物学科卒業、北海道大学大学院理学研究科動物学専攻修士課程を修了。博士(理学、北海道大学)。
その他(所属・受賞) 所属学会:日本動物学会、日本発生生物学会、日本蚕糸学会、日本生物教育学会

研究データ

氏名 発生生物学研究室 やましきなおこ
山舗直子
教授
研究テーマ 多様な野生動物の保全に必要不可欠な要素を得るために、個々の動物における発生・繁殖に関わる生物学的特性と環境要因も含めたしくみの解明をめざす。家畜(産業動物)であるセイヨウミツバチについては、寒地における安定的な育成を目標に、社会性昆虫特有の生存と繁殖制御機構の解明をめざす。
研究実績 "山舗直子、鴻上(松田)有未 (2012) カイコの精子形成における二型性.
 蚕糸・昆虫バイオテック 81, 31-40."

研究室だより

環境共生学類1期生の4年生は、先輩たちの業績の上に一つ一つ積み重ね、また新たなテーマも加えて卒業研究に取り組んでいます。3年生8名を新たなゼミ生に迎えました。3月に卒業した生命環境学科の6期生1名が大学院生となって、さらに3名が研究生として、それぞれエゾサンショウウオとセイヨウミツバチの研究活動を続けています。研究室総勢20名が、多様な生物たちを相手にして、現地での採集や調査、そして実験室での飼育と観察・解析などに奮闘中です。

写真で見る研究室

発生生物学研究室

発生生物学研究室

発生生物学研究室

発生生物学研究室

発生生物学研究室

発生生物学研究室

修士・卒業論文発表

【2014年度卒業論文】
野幌森林公園における人が見た印象と生物調査による複合評価の試み
札幌近郊の池におけるエゾサンショウウオHynobius retardatus の成体の習性について
エゾサンショウウオHynobius retardatusの変態の進行に及ぼす水深の影響
【2015年度修論】
札幌市東部の丘陵地にある湧水が豊富な池におけるエゾサンショウウオ幼生生活史の表現型可塑性
【2015年度卒業論文】
スズメバチ属における営巣場所及び巣の発達
ハマダンゴムシTylos granuliferus における体表紋様の個体変異
ムカシトンボEpipholebia superstes の幼虫の生息状況
ニホンザリガニCambraroides japonicus の繁殖生態
アズマヒキガエル卵紐および幼生が持つ毒性がエゾアカガエル幼生に与える影響
エゾアカガエル幼生がアズマヒキガエル卵紐と共存する他の餌によって受ける影響の変化
エゾサンショウウオHynobius retardatus 幼生の変態に伴う骨格の変化
エゾサンショウウオHynobius retardatus 幼生の共食いによる発生への影響

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://www.seimeikankyo.jp/biology/index.html

このページのTOPへ戻る