情報工学研究室

情報工学研究室 環境が変わると生物がどのように変わるか、コンピュータの画面上で観察できるようにしたいと思っています。また、生物の進化にヒントを得た「進化的計算法」を用いて、「組合せ最適化」という解きにくい種類の問題に取り組んでいます。

研究者プロフィール

氏名 情報工学研究室 たかとりのりひこ
高取則彦
教授
担当科目 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 統計学 I 生態環境総合演習 基礎演習 II 情報処理演習 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 統計学 II 情報処理基礎演習 環境共生学概論 情報科学の基礎
プロフィール 出身地:北海道(札幌市) 
出身:北海道大学大学院
その他(所属・受賞) 所属学会:
精密工学会、情報処理学会、日本機械学会、スケジューリング学会

研究データ

氏名 情報工学研究室 たかとりのりひこ
高取則彦
教授
研究テーマ ●組合せ最適化問題の研究
研究実績 高取 他、ジョブショップ・スケジューリング問題のPSO的解法-連続型PSOによる方法との比較-、2005年度精密工学会 北海道支部学術講演会(北見)、2005年

高取 他、ジョブショップ・スケジューリング問題のPSO的解法、2004年度精密工学会 北海道支部学術講演会(函館)、2004年

研究室だより

3年のときは、Visual C++を用いてプログラミングの基礎を学習しています。4年になってからは、生物学や物理学などいろいろな分野から、各自テーマを選んで、ゼミ論文さらに卒業論文に取り組んでいます。
なかなか思うように進まず苦労していますが、充実しているようです。

写真で見る研究室

情報工学研究室

情報工学研究室

情報工学研究室

情報工学研究室

情報工学研究室

情報工学研究室

修士・卒業論文発表

・学生サークルの活力診断システム
・Googleの特異性と可能性
・セルオートマトン法による森林火災のシミュレーション
・太陽光発電の普及への取り組みについて~日本とドイツの比較~
・レイトレーシングの高速化について

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る