公衆栄養学研究室

公衆栄養学研究室 公衆栄養学研究室は、次世代を担う子ども達の健康のために、妊娠期から出産後、子育て期の母親を対象に、食知識・食行動及び生活習慣について調査を行っています。その他、日本型薬膳についての研究、20歳前後の学生を対象に食習慣等を調査し、栄養摂取状況と健康についての研究を行っています。

研究者プロフィール

氏名 公衆栄養学研究室 やすかわすみこ
安川澄子
教授
担当科目 卒業論文 健康管理概論 公衆栄養学 II 臨床栄養学 I 公衆栄養学実習 II 健康栄養学演習 I 公衆栄養学実習I 総合演習 II 総合演習 I 健康栄養学演習 II 公衆栄養学I
プロフィール 出身地:北海道(夕張市)  出身大学:酪農学園大学大学院、青森県立保健大学大学院
その他(所属・受賞) <所属学会>
日本栄養士会、日本栄養改善学会、日本栄養・食糧学会、北海道公衆衛生学会、日本ヒューマンケア科学学会
<受賞>
平成26年度北海道公衆衛生協会賞

研究データ

氏名 公衆栄養学研究室 やすかわすみこ
安川澄子
教授
研究テーマ ・妊娠期、出産後、子育て期(3ヶ月・1歳・1歳6ヶ月・3歳)における母親の食知識・食行動及び生活習慣の研究
・日本型薬膳の研究
・栄養(食物)と健康についての研究
研究実績 <学会誌>
・妊娠期から子育て期における母親の食知識・食行動と生活習慣 ー北海道Y町の母子保健事業におけるモニタリング調査からー
<研究業績>
・安川澄子,吉池信男:出産前後における母親の食知識・食行動及び生活習慣に関する縦断的検討~初産婦と経産婦の比較を中心に~,北海道衛生学会誌, 27(2), 97-104(2013)
・吉池信男, 安川澄子:生活習慣病予防の各段階に必要な栄養管理と食育,食環境整備の重要性,日本成人病(生活習慣病)学雑誌,43(5),601-607(2013)
・吉池信男,安川澄子:国民健康栄養調査からみた女性の肥満・やせと減量行動,周産期医学雑誌,42(増刊),222-227(2012)
・安川澄子,高田健人,岩部万衣子,吉池信男:妊娠期から子育て期における母親の食知識・食行動と生活習慣,栄養学雑誌,70(3),197-206(2012)
・安川澄子,吉池信男:妊娠期から出産後における食知識・食行動の変化に関する縦断的検討~初産婦と経産婦の比較を中心として~,日本ヒューマンケア科学会誌,5(2),128(2012)
・菊池和美,石井智美,安川澄子:北海道江別市の大学生における牛乳摂取状況,栄養学雑誌,66(5),225(2008)
・安川澄子,菊池和美,石井智美:酪農地帯北海道の都市生活者の牛乳に対する意識調査,栄養学雑誌,65(5),297(2007)
・菊地和美,石井智美,安川澄子:北海道江別市の大学生における牛乳摂取状況,栄養学雑誌,65(5),297(2007)
・石井智美,菊地和美,安川澄子:ヨーグルトを連続喫食した女子学生の血液、尿の生化学的検討,栄養学雑誌,65(5),298(2007)
・安川澄子,眞船直樹:新規血液粘度測定系開発の基礎実験(第2報),臨床病理,54(補冊),158(2006)
・安川澄子,眞船直樹:新規血液粘度測定系開発の基礎実験,日本臨床科学,(2006)
・安川澄子,作田敦子:健康料理教室の実施とその効果,病院学会誌,(1998)

報告書
・吉池信男,佐藤ななえ,岩部(佐々木)万衣子,安川澄子:妊娠期から幼児期における食生活支援に資する基礎データの検討,厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業,胎児期から幼児期を通じた発育・食生活支援プログラムの開発と応用に関する研究報告書,pp19-21(2011)
・吉池信男,安川澄子:地域母子保健における妊娠期から子育て期の母親への「食育」プログラム,厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業,胎児期から幼児期を通じた発育・食生活支援プログラムの開発と応用に関する研究報告書,pp54-74(2010)

研究室だより

写真で見る研究室

公衆栄養学研究室

公衆栄養学研究室

公衆栄養学研究室

公衆栄養学研究室

公衆栄養学研究室

公衆栄養学研究室

修士・卒業論文発表

<卒業論文> 
・子どもと母親の食習慣に関する横断研究
・近年の離乳食と20年前の離乳食に関する研究
・妊娠届時及び出産直後の食知識の比較
・子育て期における子供のアレルギー発作と妊娠中の葉酵摂取の関連性

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る