動物生殖工学研究室

動物生殖工学研究室 家畜繁殖学を基礎とし、牛の人工授精、受精卵移植および妊娠成立などに関連する動物生殖工学について技術の開発に取り組みます。体外受精胚の発生における卵割速度や卵割様式などの観察を通して胚の正常性に関する生理学的研究を実施すると共に、受胎性の高い胚を生産する様々な技術を確立します。

研究者プロフィール

氏名 動物生殖工学研究室 いまいけい
今井敬
教授
担当科目 卒業論文 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 健土健民入門実習 家畜生理・解剖学実験 基礎演習 II 家畜繁殖技術論 受精卵移植論 畜産学総論 実験動物学 乳用家畜生産学実習Ⅰ 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 循環農学概論 肉用家畜生産学実習 II 家畜繁殖学 家畜育種・繁殖学実験 実験動物学実習
プロフィール [出身地・出身高校]
広島県・広島市立舟入高校
[最終学歴] 
帯広畜産大学大学院畜産学研究科修士課程 修了
[学位]
博士(農学)東京大学大学院

[職歴]
農林水産省日高種畜牧場
農林水産省家畜改良センター
農林水産省畜産試験場
(独)農業生物資源研究所
(独)家畜改良センター
現在に至る
その他(所属・受賞) [学会活動]
日本繁殖生物学会 編集幹事
日本胚移植研究会 理事・編集委員
北海道牛受精卵移植研究会 理事
国際胚移植学会 データ収集委員
日本畜産学会
日本卵子学会
東日本受精卵移植技術研究会

[受賞]
2012.09 技術賞 日本繁殖生物学会
2004.04 功績者賞 家畜改良センター
2003.01 畜産大賞 中央畜産会(グループで受賞)
2001.09 優秀ポスター賞 第94回日本繁殖生物学会大会
1998.03 優秀畜産技術者賞 畜産技術協会

研究データ

氏名 動物生殖工学研究室 いまいけい
今井敬
教授
研究テーマ ① ウシの体外受精における胚発生率向上に関する研究
② ウシ体外受精胚の受胎性評価技術に関する研究
③ ウシにおける雌雄産み分け技術の高率化に関する研究
④ 家畜胚の新しい生産技術の開発に関する研究
研究実績 [論文]
◆ Somfai T, Matoba S, InabaY, Nakai M, Imai K, Nagai T, Geshi M. Cytoskeletal and mitochondrial properties of bovine oocytes obtained by Ovum Pick-Up; the effects of follicle stimulation and in vitro maturation. Anim Sci J, 86(12):970-980, 2015
◆ Punyawai K, Anakkul N, Srirattana K, Aikawa Y, Sangsritavong S, Nagai T, Imai K, Parnpai R. Comparison of Cryotop and micro volume air cooling methods for cryopreservation of bovine matured oocytes and blastocysts. J Reprod Dev, 61(5):431-437, 2015
◆ Kang SS, Ofuji S, Imai K, Huang W, Koyama K, Yanagawa Y, Takahashi Y, Nagano M. The efficacy of the well of the well (WOW) culture system on development of bovine embryos in a small group and the effect of number of adjacent embryos on their development. Zygote, 23(June):412-415, 2015.
◆ 今井 敬, 大竹正樹, 相川芳雄, 松田秀雄, 山之内忠幸, 稲葉泰志, 的場理子, 杉村智史, 橋谷田 豊 (2014) 卵胞波を調節した経腟採卵-体外受精による効率的な胚生産.日本胚移植学雑誌 36(2):109-114, 2014
◆ Matoba S, Yoshioka H, Matsuda H, Sugimura S, Aikawa Y, Ohtake M, Hashiyada Y, Seta T, Nakagawa K, Lonergan P, Imai K. Optimizing production of in vivo-matured oocytes from superstimulated Holstein cows for in vitro production of embryos using X-sorted sperm. J Dairy Sci, 97(2):743-753, 2014
◆ 今井 敬, 杉村智史, 松田秀雄, 稲葉泰志, 橋谷田 豊. 受胎性の高いウシ体外受精胚の選別指標とその方法. 日本胚移植学雑誌 36(1):37-41, 2014.
◆ Misumi K, Hirayama Y, Egawa S, Yamashita S, Hoshi H, Imai K. Successful production of piglets derived from expanded blastocysts vitrified using a micro volume air cooling method without direct exposure to liquid nitrogen. J Reprod Dev, 59(6): 520-524, 2013
◆ Nagai M, Hori N, Miyamoto M, Sakaguchi M, Hayakawa Y, Kawai M, Kita M, Furuya T, Imai K, Effect of co-culture with intact embryos on development of bovine separated blastomeres. Anim Sci J 84(6):461-465, 2013
◆ Sugimura S, Akai T, Hashiyada Y, Aikawa Y, Ohtake M, Matsuda H, Kobayashi S, Kobayashi E, Konishi K, Imai K, Effect of Embryo Density on In Vitro Development and Gene Expression in Bovine In Vitro-fertilized Embryos Cultured in a Microwell System. J Reprod Dev 59:115-122, 2013
◆ Sugimura S, Matoba S, Hashiyada Y, Aikawa Y,Ohtake M, Matsuda H, Kobayashi S, Konishi K, Imai K, Oxidative phosphorylation-linked respiration in individual bovine oocytes. J Reprod Dev 58:636-641, 2012
◆ Sugimura S, Akai T, Hashiyada Y, Somfai T, Inaba Y, Hirayama M, Yamanouchi T, Matsuda H, Kobayashi S, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi E, Konishi K, Imai K, Promising system for selecting healthy in vitro-fertilized embryos in cattle. PLoS ONE 7:e36627, 2012
◆ Koshi K, Suzuki Y, Nakaya Y, Imai K, Hosoe M, Takahashi T, Kizaki K, Miyazawa T, Hashizume K, Bovine trophoblastic cell differentiation and binucleation involves enhanced endogenous retrovirus element expression Reprod Biol Endocrinol 10:41, 2012
◆ Sugimura S, Kobayashi S, Hashiyada Y, Ohtake M, Kaneda M, Yamanouchi T, Matsuda H, Aikawa Y, Watanabe S, Nagai T, Kobayashi E,Konishi K, Imai K, Follicular growth-stimulated cows provide favorable oocytes for producing cloned embryos. Cell Reprogram 14:29-37, 2012
◆ Somfai T, Imai K, Kaneda M, Akagi S, Watanabe S, Haraguchi S, Mizutani E, Dang-Nguyen TQ, Inaba Y, Geshi M, Nagai T, The effect of ovary storage and in vitro maturation on mRNA levels in bovine oocytes; a possible impact of maternal ATP1A1 on blastocyst development in slaughterhouse-derived oocytes. J Reprod Dev 57:723-730, 2011
◆ Suzuki Y, Koshi K, Imai K, Takahashi T, Kizaki K, Hashizume K, Bone morphogenetic protein 4 accelerates the establishment of bovine trophoblastic cell lines. Reproduction 142:733-743, 2011
◆ Konishi K, Yonai M, Kaneyama K, Ito S, Matsuda H, Yoshioka H, Nagai T, Imai K, Relationships of survival time, productivity and cause of death with telomere lengths of cows produced by somatic cell nuclear transfer. J Reprod Dev 57:572-578, 2011
◆ Yamanaka K, Kaneda M, Inaba Y, Saito K, Kubota K, Sakatani M, Sugimura S, Imai K, Watanabe S, Takahashi M, DNA methylation analysis on satellite I region in blastocysts obtained from somatic cell cloned cattle. Anim Sci J 82:523-530, 2011
◆ Inaba Y, Aikawa Y, Hirai T, Hashiyada Y, YamanouchI T, Misumi K, Ohtake M, Somfai T, Kobayashi S, Saito N, Matoba S, Konishi K, Imai K. In-straw cryoprotectant dilution for bovine embryos vitrified using Cryotop. J Reprod Dev 57(4):437-443, 2011
◆ Goto Y, Matoba S, Imai K, Geshi M. Improvement of the developmental ability of nuclear transfer embryos by using blastomeres from in vitro fertilized embryos selected according to the early developmental stage and cell division status as donor cells in cattle. J Reprod Dev 57(2):249-255, 2011
◆ 平山祐理, 大久保美紀, 松田秀雄, 吉岡一, 今井 敬, 三角浩司, 腟内クリーム(プロジェステロン混入クリーム)スポンジの留置期間が未経産豚の排卵同期化、採胚および繁殖成績に及ぼす影響. 日本養豚学会誌 48(1):20-26, 2011
◆ 小西一之, 米内美晴, 金山佳奈子, 別府哲郎, 今井 敬, ホルスタイン種体細胞クロ-ン牛の初産泌乳期における血液生化学成分の推移. 日本畜産学会報 82(1):17-24, 2011
◆ 小西一之, 米内美晴, 大藪武史, 松田秀雄, 今井 敬, 黒毛和種体細胞クローン牛の過剰排卵処理. 日本畜産学会報, 82(1): 9-15, 2011
◆ Somfai T, Inaba Y, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Akai T, Hattori H, Konishi K, Imai K, Culture of bovine embryos in polyester mesh sections: the effect of pore size and oxygen tension on in vitro development. Reprod Domest Ani 45(6):1104-1109, 2010
◆ Sugimura S, Akai T, Somfai T, Hirayama M, Aikawa Y, Ohtake M, Hattori H, Kobayashi S, Hashiyada Y, Konishi K, Imai K. Time-lapse cinematography-compatible polystyrene-based microwell culture system: a novel tool for tracking the development of individual bovine embryos. Biol Reprod 83(6):970-978, 2010
◆ Somfai T, Inaba Y, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Konishi K, Nagai T, Imai K. Development of bovine embryos cultured in CR1aa and IVD101 media using different oxygen tensions and culture systems. Acta Vet Hung 58(4):465-474, 2010
◆ 佐野文彦、北山智広、増山龍一、白石 徹、 河野良輝、稲谷憲一、 小田頼政、林みち子、森安 悟、稲葉泰志、今井 敬、ウシ性判別胚の超急速保存法 -クライオトップ法の直接移植へ向けての検討-. 日本胚移植学雑誌 32(3):113-120, 2010
◆ SOMFAI T, INABA Y, AIKAWA Y, OHTAKE M, KOBAYASHI S, KONISHI K, IMAI K. Relationship between the length of cell cycles, cleavage pattern and developmental competence in bovine embryos generated by in vitro fertilization or parthenogenesis. J Reprod Dev 56(2):200-207, 2010
◆ Sripunya N, Somfai T, Inaba Y, Nagai T, Imai K, Parnpai R. A comparison of Cryotop and Solid Surface Vitrification methods for the cryopreservation of in vitro matured bovine oocytes. J Reprod Dev 56(1):176-181, 2010

研究室だより

平成25年4月に開設された研究室です。卒業論文・演習は家畜繁殖学研究室(堂地先生)と共同で実施します。実験室内の生殖工学から農場の繁殖管理まで幅広い技術が学べる研究室を目指します。実験室内ではウシ体外受精卵の初期発生の観察から受胎率の高い受精卵を選別する指標とその効果について研究しています。また、フィールドではウシ受精卵(体内・体外共に)を移植する受卵牛の発情・排卵同期化や生体卵子吸引(OPU)における実施間隔や前処理の影響について研究しています。
その他、フィールド教育研究センター元野幌肉牛農場の牛群管理(繁殖・肥育を含む)や肉牛共進会への出品などがあり、幅広いフィールドでの活動が特徴です。
生殖工学を応用して子牛を生ませ、「育ててみませんか?直径120μmの卵子から体重800kg超の肥育牛まで」をテーマとして活動しています。

2015年度に参加・発表した学会
◆第42回国際胚移植学会大会 ルイビル 米国
◆第120回日本畜産学会大会 江別市
◆第34回北海道牛受精卵移植研究会大会 江別市
◆第71回北海道家畜人工授精技術研修大会 岩見沢市
◆第31回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会 金沢市
◆第6回トルコ獣医産科学会大会 リキア トルコ(招待講演)
◆第1回生殖工学を利用した乳用水牛の改良国際研修会 カラバオセンター フィリピン(招待講演)

写真で見る研究室

動物生殖工学研究室

動物生殖工学研究室

動物生殖工学研究室

動物生殖工学研究室

動物生殖工学研究室

動物生殖工学研究室

修士・卒業論文発表

2015年度 卒業論文表題
1. 成熟・発生培養液への葉酸添加がウシ体外受精胚の発生率および凍結融解後の生存性に及ぼす影響
2. MVAC法でガラス化保存したウシ体外受精胚のストロー内加温希釈後の生存性
3. 気相条件の違いがウシ体外受精胚のアウトグロースへ及ぼす影響
4. OPU-IVFの間隔が黒毛和種妊娠牛の胚生産に及ぼす影響
5. 黒毛和種子牛におけるスターターの代用としてのアルファルファサイレージ給与が発育に及ぼす影響
6. 肉牛における発情時、分娩前後および早期離乳時の歩数変化

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る