栄養学研究室

栄養学研究室 血小板は、凝固とともに出血時の止血に重要な働きを果たすとともに動脈硬化の進展や血栓症の発症にも関与しています。血小板の活性化にはLDLが活性酸素などで酸化された酸化LDLが主として働いています。このLDLの酸化を抑制する多くの抗酸化物が知られていますが、ポリフェノールなどの食物由来の物質が主体を占めています。この点から、食の改善によって血小板や凝固の活性化を抑制し、動脈硬化を抑え、血栓症を防ぐ道を探ります。

研究者プロフィール

氏名 栄養学研究室
松野一彦
教授
担当科目 卒業論文 解剖生理学 I 臨床栄養学 I 健康栄養学演習 I 臨床栄養学 II 解剖生理学実験・実習 I 解剖生理学 II 総合演習 II 総合演習 I 健康栄養学演習 II 解剖生理学実験・実習 II
プロフィール 準備中
その他(所属・受賞) 準備中
氏名 栄養学研究室

担当科目 準備中
プロフィール 準備中
その他(所属・受賞) 準備中

研究データ

氏名 栄養学研究室
松野一彦
教授
研究テーマ 準備中
研究実績 準備中
氏名 栄養学研究室

研究テーマ 準備中
研究実績 準備中

研究室だより

栄養学研究室オリジナルページ

写真で見る研究室

栄養学研究室

栄養学研究室

栄養学研究室

栄養学研究室

栄養学研究室

栄養学研究室

修士・卒業論文発表

準備中

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://rakuno.fc2web.com/index.html

このページのTOPへ戻る