臨床栄養管理学研究室

臨床栄養管理学研究室 本研究室は食と健康をキイワードに多彩な研究をしています。大学生ならでは卒論に熱い日々です。国際色も豊かで、食べることが大好き、現在、学部生・大学院生・研究生・JICA研修員(2名)で活気に満ちています。

研究者プロフィール

氏名 臨床栄養管理学研究室 いしいさとみ
石井智美
教授
担当科目 卒業論文 臨床栄養学実習 I 臨床栄養学実習 II 健康栄養学演習 I 基礎演習 I 乳用家畜学 臨床栄養学実験・実習 II 調理学 調理学実験・実習 II 調理学実験・実習 I 臨床栄養管理論 総合演習 II 高齢者臨床栄養学 総合演習 I 健康栄養学演習 II 臨床栄養学実験・実習 I 観光と地域振興の科学 循環農法とワンヘルスサイエンス
プロフィール <出身地>
北海道(札幌市) 
<出身大学>
酪農学園大学大学院・北海道大学大学院
現在酪農学園大学 教授。味の素食の文化財団フォーラム会員
その他(所属・受賞) <所属学会ほか>
日本畜産学会・酪農科学会・日本栄養・食糧学会・日本栄養改善学会・日本食品工学会・日本臨床栄養学会・日本文化人類学会・味の素食のフォーラム会員

研究データ

氏名 臨床栄養管理学研究室 いしいさとみ
石井智美
教授
研究テーマ 高齢者の食と栄養に関する研究・遊牧民の食と栄養に関する研究・伝統的な乳酒の機能性の検討・新規発酵乳の開発・免疫賦活作用の検討・微生物の機能性に関する研究・食文化研究(アイヌ・遊牧民・発酵食品)
研究実績 [著書]
・Past and Present od the Mongolic peoples Tokyou University of Foreign Studeies (共著) 2009
・食品加工学概論 同文書院 (共著) 2009
・Indigenous peoples food systems FAO&CINE(共著)2009
・世界の発酵乳 はる書房(共著)2009
・酒をめぐる民族誌 八坂書房(共著)2008
・文化人類学大事典 第14巻「ものとわざ」弘文堂(共著)2007
・食べ物と健康Ⅲ 三共出版(共著)2006
・世界の食文化3 モンゴル 農文協(共著)2005
・新・食文化入門 弘文堂(共著)2004
・食と大地 ドメス出版(共著)2003
・チーズの文化史 河出書房新社(共著)1999
・アジア読本シリーズ「モンゴル」河出書房新社(共著)1997
[学会誌]
・モンゴル国のラクダ乳酒(Hoormog)の性質と製造方法 石井智美 小宮山博59,125-130, Milk Science, 2010
・血中クルクミノイドのUV検出高速液体クロマトグラフィーによる分離定量法の開発 恵淑華 林千登勢 桜井俊宏 石井智美 千葉仁志ほか 臨床化学38,59-68. 2009
・カルシウム800mgを含む乳製品を喫食した女子大学生の骨代謝 石井智美 辻口ひとみ 渋谷千春 田川奈津紀 北海道畜産学会報 50, 61-64. 2008
・モンゴル遊牧民のお正月の食べもの 石井智美 沙漠誌ノート5, 87-90. 2008
・モンゴル遊牧民の食 石井智美 沙漠誌ノート4,11-14. 2007
・Products made from camel's milk by Mongolian nomads, 55,79-81, Satomi Ishii, Milk Science, 2006
・モンゴル遊牧民の伝統的な食と家畜の関わり 石井智美 北海道民族学会誌1,23-36. 2005
・モンゴル遊牧民の食生活と伝統的な食べもの 石井智美 砂漠学会誌 64,1,1-7. 2005
・モンゴル遊牧民の食と健康に関する調査 石井智美 日本健康科学会誌20,1, 60-69. 2004
・家畜に依存するモンゴル遊牧民の食事の雪害による変化 石井智美 鮫島邦彦 日本栄養・食糧学会誌 57,4,173-178.2004
・アイヌ民族が伝承するオオウバユリとその保存食品の栄養成分 塩崎美保 石井智美 栄養学雑誌 62,5,303-306.2004
・乳から造った酒はprobioticsの先駆 石井智美 生物工学会誌 81,78. 2003
・モンゴル遊牧民馬乳酒の脂質代謝に与える影響 宮澤正顕 前田壮二郎 石井智美 小長谷有紀 日本醸造学会誌 98,5,322-328. 2003
・内陸アジアの遊牧民の製造する乳酒に関する微生物学的研究 石井智美 国立民族学博物館地域研 JCA4, 103-123. 2003
・馬乳酒に関する微生物学的知見と機能性 石井智美 日本醸造学会誌 97,1 210 -215. 2002.
・馬乳酒の飲用がモンゴル遊牧民の栄養に及ぼす影響 石井智美 小長谷有紀 日本栄養・食糧学会誌 55,5,281- 285. 2002
・内陸アジアの乳酒に関する微生物学的研究石井智美 日本調理科学会34. 99-105. 2001.
・モンゴル族の伝統的な発酵乳製品に関する微生物学的研究(ハルハとブリヤートの比較から)石井智美 ミルクサイエンス 50,1,25-30. 2001
・Feeding rats with kumiss suppresses the serum cholesterol and triglyceride levels Satomi Ishii, Kunihiko Samejima 50,3. 113-117. Milk Science, 2001.
[論文等]
・試作発酵乳(TFM)200mlを21日間2回飲用した女子学生の排便状況と脂質代謝 石井智美 堀江雅美 川見祥代 森ゆうこ 萩原克郎 酪農学園大学紀要 36,2,67-73, 2011
・内陸アジアの遊牧民の動物性食品と植物性食品の利用 石井智美 酪農学園大学紀要 .35,2,17-31, 2007
・A comparative study of pasture degradation of Inner Mongolian fenced and unfenced land based on remotely sensed data Buho HOSINO,Masami KANEKO, Teruo MATUNAKA,Satomi ISHII,Yoshihito SHIMADA,and Chifumi ONO酪農学園大学紀要 34,2, 15-22, 2009
・アイヌ民族が伝承してきたシケレペの効用に関する研究 石井智美 玉城美 香 柴田千晶 岩野英知 酪農学園大学紀要 32,2,139-144, 2008
・モンゴル遊牧民の製造する乳製品の性質と呼称に関する研究~先行研究と比較して 酪農学園大学紀要 31, 2,197-213, 2007
・母親が与える子どものおやつに関する研究―食物アレルギーの有無による比較からー酪農学園大学紀要 31,2, 215-222, 2007
・沙流川流域のアイヌ民族の食文化に関する応用研究(下)北海学園大学大学院文学研究科年報 新人文学112-161 第参号 2007 
・沙流川流域のアイヌ民族の食文化に関する応用研究(上) 北海学園大学大学院文学研究科年報 新人文学 第弐号 118-179 2005
・モンゴル遊牧民の食 沙漠誌ノート4, 11-14, 2006
・Documenting Traditional food systems of indigenous peoples:international case studies ,The case of Ainu along the Sara river region, Japan. FAO report,1-30, 2006.
・モンゴル遊牧民の肉利用に関する研究 伊藤記念財団研究助成成果報告書28, 2006.
・モンゴル遊牧民の乳製品の意義に関する研究 トヨタ財団研究助成報告書8,7-16. 2002
[その他] 
・鍋の美味学 モンゴル草原の鍋 VESTA84,16-20. 2011
・ミルク料理本 EXセンター(共著)2011
・遊牧、定住がアジアの砂漠化と黄砂の発生に関する影響の研究 酪農学園大学学内共同研究20-30.2009
・北海道江別市近郊に在住する大学生における牛乳の飲用状況 New Food Industry51,42-50.2009
・世界の食と日本の食 酪農学園大学高大連携研究 1-10.2009
・ヒツジ利用 酪農学園大学高大連携研究 1-12. 2008
・色彩と食 酪農学園大学高大連携研究1-8.2007
・モンゴル遊牧民の馬乳酒飲用による健康効果の検討 財団法人三島海雲記念財団平成18年度受贈者研究報告44,37-40,2007
・アイヌ民族の食利用 酪農学園大学高大連携研究1-8,2006
・牛乳・乳製品は優れた食品 地域と農業 第63号9-25,2006
・献立の達人  EXセンター(共著)2006
・先住民族の健康向上のための食システム研究:沙流川流域のアイヌ民族のケース (共著)岩崎まさみ 石井智美 岩野英和 井上博紀 CINE報告書 23-33. 2005
・.Final Report(March2005)Documenting Traditional Food systems of Indigenous peoples:International Case Studies The Case of Ainu alongthe Saru river region,Japan Masami Iwasaki, Satomi Ishii, Hideaki Iwano,Hiroki Inoue.CINE Report Research 26-32. 2005

・遊牧民の宝もの「馬乳酒」 石井智美 温故知新 41,87-93.2004
・内陸アジアの遊牧民の乳製品利用 石井智美 北の遊牧民 北海道立北方民族博物館第19回特別展図録 18-21. 2004
・モンゴル遊牧民の脂質代謝について 石井智美 千葉仁志 北海道リポ蛋白・代謝研究会要旨集34,6-7. 2004
14.乳酒に関する微生物学的知見と機能性 石井智美 日本醸造学会誌 97:1 210-215, 2002.
15.馬乳酒の飲用がモンゴル遊牧民の栄養に及ぼす影響 石井智美 小長谷有紀 日本栄養・食糧学会誌 55.;5 281-285 2002
16.内陸アジアの乳酒に関する微生物学的研究石井智美 日本調理科学会34. 99-105, 2001.
17.モンゴル族の伝統的な発酵乳製品に関する微生物学的研究(ハルハとブリヤートの比較から)石井智美 ミルクサイエンス 50;1. 25-30, 2001.
18.Feeding rats with kumiss suppresses the serum cholesterol and triglyceride levels Satomi Ishii, Kunihiko Samejima Vol,50;3. 113-117, Milk Science 2001.
19.内陸アジアの遊牧民の動物性食品と植物性食品の利用 酪農学園大学紀要 Vol.35,NO2 17-31, 2011
20.モンゴル遊牧民の食の現在 北海道女性研究者の会通信 66,9-14,2010
21.健康な食生活と江別の食を考える 目指そう健康長寿 石井 智美 江別市教育員会 33-40, 2010
22.A comparative study of pasture degradation of Inner Mongolian fenced and unfenced land based on remotely sensed data Buho HOSINO 23.モンゴル遊牧民の食における家畜の恵の利用 遊牧、定住がアジアの砂漠化と黄砂の発生に関する影響の研究 酪農学園大学・学内共同研究報告 石井 智美 61-72,2009
24. 今研究者として 北海道女性研究者の会通信 64,9-10,2008
25.モンゴル遊牧民のお正月の食べもの 沙漠誌ノート 5,87-90,2008
26.モンゴル遊牧民の製造する乳製品の性質と呼称に関する研究~先行研究と 較して 酪農学園大学紀要 197-213,Vol.31,NO2 2007
27.母親が与える子どものおやつに関する研究―食物アレルギーの有無による比 からー酪農学園大学紀要 215-222,Vol.31,NO2 2007
28.沙流川流域のアイヌ民族の食文化に関する応用研究(下)北海学園大学大学院文学研究科年報 新人文学112-161 第参号 2007
29.沙流川流域のアイヌ民族の食文化に関する応用研究(上) 北海学園大学大学院文学研究科年報 新人文学 第弐号 118-179 2005
30.モンゴル遊牧民の食 沙漠誌ノート11-14,Vol.4, 2006
31.モンゴル遊牧民の肉利用に関する研究 伊藤記念財団研究助成成果報告書 28,2006.     
                            など

研究室だより

昨年、研究室を引っ越しました。ゼミは益々パワーアップしています。食べること、健康、栄養について日々学際的な見地から卒論を含め、研鑚を積んでいます。研究内容がいつかどこかで誰かの役に立てたらと願っています。管理栄養士として巣立つため頑張っています。国家試験も卒論と両輪で進行中、元気いっぱいです。小旅行、ジンパなどゼミ行事もたくさん。毎年大学で実施している朝食フェアのスタッフをしています。今年は2013年のおせちを手づくりでを合言葉に、おせち講習会を月1回で開催中。新しいレシピ開発とその栄養的な効能まで、食に関することはなんでもやっています。

写真で見る研究室

臨床栄養管理学研究室

臨床栄養管理学研究室

臨床栄養管理学研究室

臨床栄養管理学研究室

臨床栄養管理学研究室

臨床栄養管理学研究室

修士・卒業論文発表

<修士論文>
・L.plantarumの機能性の検討・ターメリック摂取後のクルクミノイドの存在様式と血中動態 

<卒論>
・ラクダ乳酒から分離した乳酸菌の人工消化液耐性・スポンジケーキの膨化に及ぼす小麦粉含量の影響
・カルシウム摂取促進のためのレシピ集作成・酪農だにおける朝食欠食状況とその対策
・カルシウム800mgを含む乳製品を摂取した女子学生の生化学的検査にもとずいた骨代謝の検討
・馬乳酒から分離した乳酸菌の機能性・有用乳酸菌のラットにおける脂質代謝の検討
・馬乳酒由来乳酸菌の免疫賦活能の検討・Bifidobacteriumの増殖と酸生成に及ぼす胆汁酸塩の影響など

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


外部サイトの立ち上げは行なっておりません。

このページのTOPへ戻る