実践農学研究室

実践農学研究室 実践という名前に恥じないように、現場と関わりが深く、農家さんに役立つだけでなく、自分の将来に役立つ取り組み・研究課題を、学生さんと一緒に考えていきます。

研究者プロフィール

氏名 実践農学研究室 ねこもとけんじ
猫本健司
准教授
担当科目 学外農場実習 実践農学実習Ⅰ 家畜管理学 卒業論文 実践酪農学実習 I 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅢ 基礎演習 II 基礎演習 I 実践酪農学 実践農学実習Ⅱ 実践酪農学実習 II 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅣ 循環型農業論 農業施設学 実践酪農学演習 実践農学
プロフィール 出身地:北海道帯広市、出身校:帯広柏葉高校、帯広畜産大学(獣医学科)、
農学博士(酪農学園大学)
その他(所属・受賞) 日本畜産環境学会理事(2012~)、日本畜産学会会員、農業施設学会会員
日本家畜管理学会会員、北海道畜産草地学会会員
日本畜産技術士会専門主査、畜産環境整備技術調査検討委員会委員(2006~2007年)

研究データ

氏名 実践農学研究室 ねこもとけんじ
猫本健司
准教授
研究テーマ 就農に関する情報収集や促進に向けた取り組み、畜産環境・循環利用に係る研究などを行っています。現在の主な取り組みは、①新規就農・新規参入に関する実態調査、②酪農排水(搾乳関連排水)の低コスト管理に関する研究、③家畜ふん尿管理と物質循環に関する研究、④環境負荷ガスに関する研究などである。
研究実績 (共著)寒冷地における搾乳関連排水を対象としたヨシ人工湿地の所要施設面積の検討、日本畜産環境学会会誌、Vol.11 No.1:57-65,2012.
北海道H町の酪農場における搾乳関連排水処理の実態解明~低コストな排水処理対策に向けて~、農業施設 Vol.42(4):188-192,2012.
畑酪混同地域における地域内循環による酪農場の窒素負荷低減、農業施設 Vol34(3):193-198,2003.
酪農場の糞尿処理過程と飼料生産過程における窒素負荷の評価、北海道畜産学会報 Vol45:45-50,2003、

研究室だより

http://www.jissen-rakuno.jp/index.html

写真で見る研究室

実践農学研究室

実践農学研究室

実践農学研究室

実践農学研究室

実践農学研究室

実践農学研究室

修士・卒業論文発表

酪農の新規参入に関する実態調査~釧路管内H町の事例~
酪農ヘルパーに関する意識調査~ヘルパー・利用農家・学生の視点から~
窒素循環からみた首都圏酪農の評価
搾乳関連排水の低コスト管理に関する研究~前すすぎ排水の分離処理~
水稲複合経営である岩手県M農場における経営分析と将来展望に関する検討
めん羊の新規参入農家に関する現状調査

下記URLより更に詳しく研究室情報を確認できます。


http://www.jissen-rakuno.jp/index.html

このページのTOPへ戻る