獣医寄生虫病学ユニット

獣医寄生虫病学ユニット(浅川 満彦)

本学類の本ユニットの浅川教授は獣医学類で展開される寄生虫病学の講義実習のほか野生動物医学も担当しています。そのため、附属動物病院構内にある獣医学研究科・野生動物医学センターWildAnimalMedi...


比較動物薬理研究室

比較動物薬理研究室(北澤多喜雄)

動物病院で獣医師の診療業務を補佐することや治療前後の動物を管理することを主要な業務とする動物看護師は、動物の保定方法、消毒方法、薬物投与方法、検査方法、医薬品に関する知識、および受付業務に関する知識が...


動物行動生態研究室

動物行動生態研究室(郡山尚紀)

我々の研究室では、野生動物から伴侶動物に至る動物の行動や生態に関する研究を行うとともに、人が動物に対して及ぼす影響をストレスや感性症を含めて研究しています。調査対象であるチンパンジー、キリン、カバ、ホ...


動物生体反応研究室

動物生体反応研究室(宮庄拓)

生体は様々な状況に対して様々な反応を示します。例えば、怪我や感染を受けた際には様々な反応を駆使して身体を守ろうとします。また、バランスの悪い食事をしてもそれを補おうとする反応が起こります。それらの反応...


動物看護研究室

動物看護研究室(八百坂紀子)

動物病院で獣医師の診療業務を補佐することや治療前後の動物を管理することを主要な業務とする動物看護師は、動物の保定方法、消毒方法、薬物投与方法、検査方法、医薬品に関する知識、および受付業務に関する知識が...


動物疾病治療研究室

動物疾病治療研究室(嶋本良則)

動物における疾病の病態生理を理解し、処置や治療、そして看護に関する知識を修得します。動物の疾病に対する看護や診断・治療のための研究を行っています。


動物理学療法研究室

動物理学療法研究室(椿下早絵)

身体機能を最大限に回復させ、維持し、高めるための理学療法を実施するにあたり、その意義と適応の基本を学びます。さらに理学療法の臨床応用にあたり必要な学問的知識として、物理療法で用いられる機器の原理、適応...


動物集中管理研究室

動物集中管理研究室(佐野忠士)

行動の発現機序、行動様式、イヌ・ネコとのコミュニケーション方法、学習理論などを学び、行動の基礎的知識を習得。さらに発育過程で変化する行動の特徴、行動形式、行動に影響を与える生得因子や環境因子との関わり...


臨床動物栄養研究室

臨床動物栄養研究室(内田英二)

伴侶動物の栄養学の基礎事項について学び、特に犬と猫の栄養学を修得し、ライフステージ別栄養管理ができることを目指します。さらに犬と猫の内科的・外科的疾患を理解することと病態別の基本的栄養管理が出来ること...


 | 

このページのTOPへ戻る