栄養学研究室

栄養学研究室(松野一彦)

血小板は、凝固とともに出血時の止血に重要な働きを果たすとともに動脈硬化の進展や血栓症の発症にも関与しています。血小板の活性化にはLDLが活性酸素などで酸化された酸化LDLが主として働いています。このL...


乳製品製造学研究室

乳製品製造学研究室(竹田保之/栃原孝志)

乳製品の製造、品質管理そして機能にかんする基礎と応用がテーマです。特に、乳と乳製品の一般成分、風味成分、微生物叢と製造工程との関係、製造過程で生じる副産物の有効利用、乳や乳酸菌由来の生理活性物質そして...


教育発達心理学研究室

教育発達心理学研究室(須賀 朋子)

教職において、教育相談、教育心理学、発達心理学、特別支援(発達障害・知的障害・聴覚障害・視覚障害・肢体不自由・病弱)愛着障害の理論を学んでおくことは大切なことです。本研究室では最近、問題となっているデ...


給食経営管理学研究室

給食経営管理学研究室(小林道)

管理栄養士は、献立作成や栄養管理だけでなく、給食施設の設備や機器に関すること、食材費及び人件費の運用など、総合的なマネジメントに関わります。このことから給食経営管理は、ダイナミックでやりがいがある仕事...


栄養指導論研究室

栄養指導論研究室(杉村留美子)

楽しみとしての食事から疾病の予防・治療のための食事まで、人が食事に求める意味は様々であります。栄養指導論研究室では、対象者が食習慣を自ら変容するために管理栄養士としてどのように関わることができるのか、...


応用微生物学研究室

応用微生物学研究室(山口昭弘/村松圭)

応用微生物学研究室は、2016年4月現在、専任教員2名、修士2年1名(留学生)、4年生14名、3年生15名の合計32名の大所帯です。本研究室の学生は,有用微生物の探索や道産機能性食材の発酵による機能性...


食品衛生学研究室

食品衛生学研究室(山口昭弘)

機能性食材や発酵食品に備わった、病原性微生物に対する殺菌・静菌作用から生体防御系活性化作用まで、道産食材の有効利用を目指した研究を行っています。


食品生産システム研究室

食品生産システム研究室(本田康夫)

食品衛生管理をベースとした食品業界の生産システムにおける生産性向上対策について研究しています。


流通学研究室

流通学研究室(柳京煕)

輸入自由化に伴う農産物・加工・食品の需給状況について研究を進めていますが、その前提として経済一般または世界経済の状況について重点的基礎研究を行っています。さらに農産加工に大きな力を持つ農協について研究...


数学研究室

数学研究室(上野岳史)

従来の論理学ではうまく記述する事のできない状況が、科学の様々な領域などで生じています。そのような状況が生じている分野の論理構造の解明に重要な役割を果たしているものの一つに部分構造論理があります。数学研...


食品企画開発論研究室

食品企画開発論研究室(阿部茂)

消費者ニーズや社会的背景の分析調査を行ったうえで、新たな技術またはアイデアを付与した新製品を開発することを目的とした研究室です。学生はゼミや卒論を通して、実社会で即戦力となる市場動向分析、食品製造技術...


応用生化学研究室

応用生化学研究室(岩崎智仁)

我々の研究室ではマウスやラット,さらには畜産動物の骨格筋を対象に研究を展開しています,特に筋損傷の初期に生じる筋肉タンパク質の分解過程に注目し,生化学的,形態学的側面からの研究に力点を置いています.


食・健康スポーツ科学研究室

食・健康スポーツ科学研究室(山口太一)

「食」という漢字は「人を良くする」と書きますが,われわれが健やかに生きるためには,食が重要であることは言うまでもありません.一方で,食によって得られたエネルギーをいかに運動によって消費するかということ...


食品物性学研究室

食品物性学研究室(金田勇)

食品の「美味しさ」はどのようにして決まるのでしょうか?塩味や甘味といった化学的な味だけで決まるのでしょうか?ポテトチップスは「パリパリ感」が、プリンは「なめらかさ」がその美味しさを決定する重要な要因で...


英語表現・科学英語研究室

英語表現・科学英語研究室(白石治恵)

欧米の食文化、英米文学、英語資格を扱います。


食品流通技術研究室

食品流通技術研究室(樋元淳一)

農産物、食品の鮮度保持、貯蔵、加工、流通、品質評価などの様々なプロセスにおける技術や、それらを総合したシステムを、主として工学的な手法を用いて開発しています。


肉製品製造学研究室

肉製品製造学研究室(舩津保浩)

肉製品製造学研究室は、2012年4月現在、専任教員2名、技術職員1名、研究生1名、4年生11名、合計15名で構成されています。この研究室の学生は「動物資源を利用した応用研究を卒業の集大成にしたい」、「...


食品学研究室

食品学研究室(舩津保浩)

食品学研究室は管理栄養士国家試験に合格する強い意志を持ち、産業的に役立つ卒業研究をやり遂げたいという学生を配属しています。主な研究室の行事は花見(5月)、忘年会(12月)、日本食品科学工学会北海道支部...


流通情報システム研究室

流通情報システム研究室(三谷光照)

20世紀に発明され21世紀には更なる発展を続けていくコンピュータとその利用技術は現代社会では欠かせないものとなっています。流通情報システム研究室では、流通システム分野のコンピュータ利用技術やさまざまな...


臨床栄養管理学研究室

臨床栄養管理学研究室(石井智美)

本研究室は食と健康をキイワードに多彩な研究をしています。大学生ならでは卒論に熱い日々です。国際色も豊かで、食べることが大好き、現在、学部生・大学院生・研究生・JICA研修員(2名)で活気に満ちています...


公衆栄養学研究室

公衆栄養学研究室(安川澄子)

公衆栄養学研究室は、次世代を担う子ども達の健康のために、妊娠期から出産後、子育て期の母親を対象に、食知識・食行動及び生活習慣について調査を行っています。その他、日本型薬膳についての研究、20歳前後の学...


食品産業経済学研究室

食品産業経済学研究室(深澤史樹)

私たちは生きて行くために必要不可欠な「食」=「購買・消費行動」を日々行っております。それを支えるための役割を担っているのが原料調達から食料品製造業、卸・小売業、外食産業等の「食品産業」です。当研究室で...


食品加工学研究室

食品加工学研究室(竹田保之)

加工技術の進歩と社会や個人のニーズの変化に伴い様々な加工食品が製造されています。当研究室は、食品素材が有する物理学的、化学的、生物学的な基本性状を理解し食品の持つ栄養性や嗜好性、機能性に及ぼす加工工程...


食品栄養化学研究室

食品栄養化学研究室(小野寺秀一/上野敬司)

食品の原材料および製品を対象に、主として機能性をもつオリゴ糖類およびペプチドとそれらの合成・分解にかかわる酵素タンパクに関し、生物化学および遺伝子工学的手法で研究しています。また、糖質代謝や脂質代謝な...


物流科学研究室

物流科学研究室(尾碕亨)

食料品が生産者から消費者に届くには、さまざまな物流活動が不可欠です。当研究室では、物流が生産から消費工程の中で、どのように位置づけられるのかを明らかにし、生産者と消費者にとって物流とは何かを解明してい...


 | 

このページのTOPへ戻る